私は彼が何も言わなくたって

考えてることくらいわかるのよ

私だけが理解者なの

特別扱いしてくれないなんて可笑しいわ

とか言っちゃうあの子はいつも嫉妬に溺れている

溶けちゃいなよ なんて

思いながら煙草をふかしてみたり、‬
‪馬鹿げている なんて思いながらも
‪そんな想いに羨ましく思ってみたり


真っ赤なワインのせいで

思考回路がどんどん閉ざされていくなか

そんな彼女があまりにも愛おしくて

ワインと同じ色の口紅を塗り直す


どんなに彼の目を引きたくて

背伸びした洋服を纏っても

きっと意味はない

メイク変えた?とかさらっと聞く

あいつはやっぱりずるい

落ち込んでる時とかすぐに気付くんだもん

すぐ優しくするんだもん

そこに恋心なんてないくせに


それに気付いているのに

見ないフリをしている自分も好きにはなれない



タグ

毎週月曜日にお話を綴ります

このブロガーの新着記事

オフィシャルブロガーの新着記事

菌活始めましたのごあいさつ

azusa

2020年10月29日

最近のこと。

みゆき

2020年10月23日

想像力と創造力

yui

2020年10月20日

sweet11月号付録コスメが良い

chip

2020年10月12日

覚書。

azusa

2020年09月19日

カップルイラストまとめ♡

chip

2020年09月16日

3coinsのワイヤレスイヤホン!?

chip

2020年09月14日

すべての新着記事