恥ずかしくて情けないことばかりだけど、私を助けてやれるのは私なんだから溺れていたらだめ。


深い深いところに一瞬サイレンの音が聞こえて、ずっとずっと誰かが助けを待ってる。

知らないふりはいつまでできるだろう。

このブロガーの新着記事

オフィシャルブロガーの新着記事

すべての新着記事

Now Loading...