7/12 今日の観劇は「ニンゲン御破算」

@森ノ宮ピロティホール マチネ


【あらすじ】(公式HPより)

頃は幕末。加瀬実之介(阿部サダヲ)は、人気狂言作者・鶴屋南北(松尾スズキ)、河竹黙阿弥(ノゾエ征爾)のもとへ、弟子入りを志願していた。大の芝居好きで、成り行きとはいえ、家も侍分も捨て、狂言作者を志している実之介。「あなた自身の話のほうが面白そうだ」と南北に言い放たれた彼は、自分、そして自分の人生に関わってくるニンゲンたちの物語を語りだした―。もともとは元松ヶ枝藩勘定方の実之介は奉行から直々の密命を受けていた。それは偽金造りの職人たちを斬ること。幼馴染みのお福(平岩紙)との祝言を済ませた実之介は、偽金造りの隠れ家へ向かい、職人たちを次々に殺めたのだった。その様子を目撃していた、マタギの黒太郎(荒川良々)と 灰次(岡田将生)の兄弟は殺しのことは黙っている代わりに自分たちを侍にしてくれるよう、実之介に取り引きを持ちかけた。そこへ駆け込んできた娘が一人。黒太郎たちの幼馴染みで、吉原へ売られていく途中のお吉(多部未華子)だった。ちょうどその頃、実之介は、同志の瀬谷(菅原永二)や豊田(小松和重)から、悪事の責任をすべて負わされて切腹を迫られていた・・・・・。


*************

コレ、チケット取る前から、大人計画で阿部さん・岡田将生くん、多部ちゃん出演、これ最悪チケットすら取れないやつ…と思って申し込んだのだけど、当選して、しかも前から3列目の通路側ーー!!

今回は通路を何回も演者が通るし、良い席でした!

てか、大人計画は後方席がほとんどだから、ここまでの前方席嬉しい。ほんと、小ネタが多いから、絶対大人計画は前方席のほうが楽しめると思うんだよねぇ。


阿部さんは相変わらず素敵。可愛いし、カッコいい。何度か横通ってくれたけどガン見した。

岡田将生くんはほんとキレイ。背も高くて大人計画と相性良いよねぇ。

多部ちゃん、ほんと可愛い。舞台上だと益々活きる。

そして、松尾さん、お茶目♡ほんと大好きだわ。


大人計画のいつもの面々もいつも通りの安定感。

平岩紙ちゃん(ほんと可愛いし、オモロイ!)

村杉さん(何役もお疲れ様でした。自転車、客席まで落ちてこないか、ほんと心配したけど)

荒川良々さん(顔!最高でした)

小松さん(ほんと安定してる)

皆川猿時さん(今回は猿時さんにしては上品め?木の実投げるところ、私も松尾さんと同じく好きだった)

あと、平田敦子さん、存在そのものがもう最高。


その他出演者がほんと多くて、皆さんの個性が生きてました。生演奏・ダンス・殺陣、あの狭い空間で、ほんと楽しませていただきました。

ずっと笑ってたよ。


もともとは勘三郎さん(当時は勘九郎さん)に当て書きしたものだからか、松尾さんの作品としては、グロ・エロ・差別表現は抑えめ、重い感じも好きだけど、こういうちょっと軽くてずっと笑ってる感じもいいですねぇ。てか、やっぱり松尾さんは天才なのよ。


3時間半弱。あっという間でした。


休憩、最初トイレ良いかなぁと思ったのだけど、遅がけにやっぱり行きたくなり、急いで行くとまだまだ長蛇の列。そこに並んでいると、なんと生瀬勝久さんが!!!関係者室に入るところに遭遇。私の隣に並んでた人握手してもらってた。私もしてもらいたかったけど、間に合わなかった…。ちょっとオーラ消してたはったな(笑)


あー、楽しかった!!大人計画は一年に一回は絶対に観たいのよね。また面白い作品に出合えますように!

このブロガーの新着記事

オフィシャルブロガーの新着記事

すべての新着記事

Now Loading...