twitterでの一言





私自身、

スポーツインストラクターを目指してて


高3の夏に進路変更をした。



なぜかっというと、

入学金が払えないから。



部活をやってて

貯金なんて無くて、親が出してくれるっしょくらいの考えでいたら


そんなに現実甘くない。



高3にしてお金がないことで

進路に本気で悩む時期が来た。




「専門学校は大した偏差値いらないし

卒業できれば行ける」


と思ってたから勉強はせずに欠席もギリギリまで使ってて。




そこから就職か進学(大学は無理)

そして進学にしてもお金がない


ということに直面。



自分で探して第2種奨学金を申し込むと同時に専門学校選びを始めた。


高3夏




選んだ専門学校は

熊本のある美容学校


奨学金の制度的に入学後にしか入らない仕組み


ただその専門学校は

入学準備金という高校生のうちに払わないといけないお金を入学した後に分割して払える仕組みだった。



そんなこんなで進学して


お金の重要性を身に染みて感じた。



タグ

LIPPS吉祥寺 副店長 【美容師】
考え方で変わる仕事と結果

このブロガーの新着記事

オフィシャルブロガーの新着記事

すべての新着記事

Now Loading...