曇りの日の朝方の様な小説、かの太宰治が書いた斜陽。

読んでいる間ずっと薄明かりの斜陽がずっと頭の中の3人に射し込むようだった。

母の病床も私の恋文も弟の手記も同じ生温い温度で語られていく。


心を強く揺さぶられるというよりも穏やかに静かにひそかに私の身体にこの生温さが流れてくる様で読み終わった時にはもう私もこの没落貴族の家族の一員かのような生々しさがそこにはあった。


私は貴族でありたいのだろうか、汚く世俗に塗れて生きたいのだろうか。その答えが出るのは私が死ぬ時なのだろうなとぼんやりとおもう。



タグ

ただすきなものについてを語るだけ、🍞派、海が好き、

このブロガーの新着記事

オフィシャルブロガーの新着記事

DAY OFF

M A M I

2019年07月15日

宇宙🛸

2019年07月15日

夏野菜ごはん♡

wadami0112

2019年07月15日

CHANELコスメ購入品♡

Mai

2019年07月15日

都内&都内近郊の”海ピクスポット”リスト🌻

PRESS編集部

2019年07月15日

リビングのラグ...

hinaichisaku

2019年07月15日

色白レモンスコーンで簡単朝ごはん

hiroko

2019年07月15日

すべての新着記事