マルサの女 


1987年の日本映画  127分




マルサとは東京国税局査察部のことを指す



第11回日本アカデミー賞(1988)において、最優秀作品賞、主演女優賞、主演男優賞、助演男優賞、監督賞及び脚本賞を取った日本の映画



監督・・・伊丹十三

出演者・・・宮本信子(板倉)、山崎努(権藤→ラブホテルのオーナー)、津川雅彦(北村→板倉の上司)、松居一代(久美→権藤の愛人)、伊東四朗(パチンコ屋のオーナー)



この映画は同じく伊丹作品の"タンポポ"の続きのような始まり方をしている為、先にタンポポを観ることをお勧めします



面白いことに、権藤を演じた山崎努さんは、出世作である"天国と地獄"(1963)

で権藤という役の重役を脅す貧乏学生を演じている。伊丹さんのユーモアが光る


また、ラブホテルのシーンでは、当時のAV女優秋元ともみをひょっこり出す辺りも面白い



ファミコンのゲーム化や桃太郎鉄道シリーズに登場するマルサカードなど色々と目にする機会が、当時はあったようだ



寝癖が特徴の板倉のキャラと足が不自由な権藤、またその息子とのシーンなどはとても印象的



脱税についての映画



様々な用語や裏技が飛び交っており、

とても勉強になる作品だと思う



5拍子のあの音楽にハラハラしな




平出 健祐

タグ

鑑賞した映画を、復習して、なるべく正確な情報と自分の感想を伝えていきます。宜しくお願い致します。

このブロガーの新着記事

オフィシャルブロガーの新着記事

ootd

Mai

2020年02月25日

ootd

Mai

2020年02月24日

ootd

Mai

2020年02月23日

ootd

Mai

2020年02月22日

ootd

Mai

2020年02月21日

ootd

Mai

2020年02月20日

glitter belt

MiMi

2020年02月19日

すべての新着記事