公私でお世話になっているFLJ Magazine が創刊10周年を迎えました。


FLJがなければ今の僕はいなかったと言っても過言ではないし、そもそも編集長の大野さんがいなかったら確実に今の僕はいない。

僕の人生における超重要人物の一人です。


思い返せば、実は10年前の創刊号に僕は載せてもらっていました。

このブロガーの新着記事

クリエイター の新着記事

すべての新着記事

Now Loading...