47分



主人公は由紀夫(豊川悦司)と萌実(山口智子)、カウンセラー(田口トモロヲ)この3人のみ。



強迫性緊縛症候群となった萌実と由紀夫が向き合い、向き合えば向き合うほど絡み合って、解こうとするけれど余計に縛られ儚い最後を迎える2人の映画。



undoとは英語で元どおりにするや、解くという意味もあるが、結果を台無しにするという意味もあって、この映画は3番目の意味がしっくりときた。



監督は岩井俊二



ベルリン国際映画祭でフォーラム部門NETPACを受賞した



聞いたことないよくわからない賞だけど、何かを獲れるのも頷けるほど、絶妙で奇妙で綺麗で呆気にとられる。


そんな短編映画でした。




平出 健祐

タグ

鑑賞した映画を、復習して、なるべく正確な情報と自分の感想を伝えていきます。宜しくお願い致します。

このブロガーの新着記事

オフィシャルブロガーの新着記事

3

こたろふ

2021年01月04日

お晒し2

こたろふ

2020年12月27日

創作漫画晒し上げ

こたろふ

2020年12月25日

菌活始めましたのごあいさつ

azusa

2020年10月29日

2020ironman70.3セントレアレースレポート

hirame.

2020年10月26日

最近のこと。

みゆき

2020年10月23日

想像力と創造力

yui

2020年10月20日

すべての新着記事