父は医師で、外科医なので

我が家のテレビには割と頻繁に

内臓の映像が流れていた

小学5年生のときに、父がいきなり

"ネズミの解剖する?"と言ってきて

するする〜!とウキウキしながら父の病院に行った



実験用の白い大きなネズミはラットと呼ばれてる

たくさん飼われている中から1匹選んで、

麻酔して、お腹を切って、

内臓をいじくりまわして、

お腹を縫って、

その一部始終を写真に撮り

夏休みの自由研究として学校に提出した


割と騒然とした

けどみんな一番興味を持っていた








中郡家のクリスマスは、

大きなクリスマスツリーの下に

数え切れないほどたくさんのプレゼントがあった


クリスマスになにが欲しいかと聞かれたことは

一度もなくて、完全に母親チョイスの

母親プレゼンテーションの場だった


包装紙を1つ1つあけていく行為に

すごくワクワクした

本、ゲーム、ぬいぐるみ、ありとあらゆる

バリエーションに富んだプレゼントたち

巨大なモアイ像のぬいぐるみがお気に入りだった







私にとってはそんなクリスマスも

内臓も当たり前のことで

どのご家庭でも

クリスマスプレゼントはそういうもので

ネズミを解剖したりするものだと思っていた


今はそれが中郡オリジナルだと知っている


つまり家族の形も関係値も、人それぞれで

何が正解なんてない

みんなオリジナルだから





親子も、家族も、

大事なことには違いないけど

私は私

この物語の主人公は自分だよ

HARUNA NAKAGORI : 編集者 : @pressblog 

LARME & bis 創刊編集長


このブロガーの新着記事

クリエイター の新着記事

つなぎー

yurihanamori

2019年04月24日

発売開始♡!

yurihanamori

2019年04月22日

沖縄

中郡暖菜

2019年04月20日

にこめ

金子理江

2019年04月18日

NO TITLE

金子理江

2019年04月18日

NO TITLE

NANAO TAKEUCHI

2019年04月17日

Tシャツ好き。

福田瞳

2019年04月16日

すべての新着記事