前日編 の つづきです。



日付が変わって27日の午前1時過ぎ、ひどい腹痛で起きる!

「痛い痛い!」と叫んだので、夫も起きた。

生理痛がひどい時、みたいな痛み。

まさかと思って陣痛アプリで間隔をはかるが、まちまちでよく分からない。いろいろ検索しながら、痛みをがまん。

※ このときは分からなかったけど、前駆陣痛と本陣痛との違いを検索すると、「ネットできるくらいならまだ前駆陣痛!」とか書いてあるので、じゃあまだ前駆陣痛なのか?と、誤った解釈をしてしまいました ××

痛みには個人差があります!


夫はわたしが痛がっているあいだ、背中をさすってくれた。

間隔は不規則のままだけど、午前3時過ぎに病院に電話。

「間隔が10分以内なのが1時間続いたら、また電話してね」と言われたので、またアプリで間隔をはかる。

すると、間隔が7〜8分になったと思った途端、急に3〜4分になってきて、痛みも増す。

もう一度病院へ電話し、午前4時半頃、病院に到着。

このときには痛みが最大で動けず、正面玄関でうずくまる。。

「立てない〜」って言ってきたら、助産師さんがグワッと肛門をおさえてお尻を引っ張り上げて車椅子に乗せてくれた。

そして即分娩台へ。 あれっ、陣痛室じゃないの。戸惑った。

この時点で、すでに子宮口が9cm!(ほぼ全開)

ここからずっと、痛みに合わせていきむ。すごく痛いから、声が出てしまう。でもそれをこらえないといけなくて、つらい。(ぜんぶのパワーをお腹に集中しないといけないから)

痛みがひいたときは、深呼吸。 いきむ→深呼吸のくりかえし。

助産師さんに指示される呼吸のタイミングに合わせられなくて、夫の「深呼吸!」等の助言がすごく助かる。


順調に、赤ちゃんは下がってきているらしい。感覚は分からず。

途中、ぱしゃっとあたたかい羊水が何回か出た。

何回かいきむのを続けていると、赤ちゃんの頭が、はまった?みたいで、いよいよ産む体制になる。そして医師が呼ばれる。

確かにさっき、しゃっくりを感じる位置がすごい下の方だった?

さらに痛みに合わせていきむ。

どんどん出てきているみたいで、「あとは浅い呼吸で出てくるよ」と助産師さん。

股に、にゅうっと出てくる感覚。

局所麻酔の注射をされる感覚が、少しチクッとあった。

「うまれる?」と聞くと、夫が「うまれるよ!」と。(見えとるんかい!)

にゅううっとした感覚と、ぴりっと痛みとともに?出てきた。赤ちゃん。

赤ちゃん、元気に泣いた。

へその緒が、ずるっと出たままみたいな感覚。


わー。うまれた!

中にいたのは君ですか!こんにちは!


そのあと、胎盤もにゅううっと出てきた。

出血が多いのか、先生がお腹をぐりぐり。切開したところを縫合される。思ったより縫合時間が長い。お腹をぐりぐりされると痛い。


処置が終わったあと、先生たちに言われたこと。

◯出てくるスピードが早かったので、赤ちゃんの呼吸が順応するか心配だから様子見るけど、とくに問題なさそう。

◯お股の広がる時間もなかったので、会陰切開が大きくなった。

◯子宮収縮に時間がかかるかもしれないので、収縮剤を点滴で入れる。


そのあとは、しばらく分娩室で、子と、父母の時間。

寝ていて電話に出なかった実家の両親も、生まれたあとに夫が電話したらつながって、会いに来てくれました。(わたしは分娩室のままなので、子と夫が対面)

そんなこんなで、入院する個室へ移動。

ハイになっているからか、眠くない。

夫は睡魔と空腹感に襲われていて、一時帰宅。

わたしも、翌日からの母子同室にそなえて、病院の広いベッドで眠りにつきました。

(早朝生まれのため、まるまる1日ひとりで休めたのでたすかった)



出産レポは、ここまでです。

長文駄文おゆるしください。

読んでくださった方、うれしい!ありがとうございました!



#出産 #出産レポ #女の子ママ

タグ

このブロガーの新着記事

ファッション の新着記事

👞

mika

2019年11月19日

ootd

Mai

2019年11月18日

生後2ヶ月

Risa Yoshida/吉田理紗

2019年11月18日

寝れないから呟こう。

渡邊りつ🦉

2019年11月18日

ootd

Mai

2019年11月17日

MOUSSY

Mai

2019年11月16日

ootd

Mai

2019年11月16日

すべての新着記事