本当は色んな人に観て欲しいけど、勿体無いから教えたくない大切な映画を観た。

彼等は凄い必死で結構本気で私まで燃えてしまって帰りはクタクタになりながら歩いていたら、途中に映画に出て来たシーンと似た映像が流れていたり似た様なことをしている人に出会ってしまったりでまだ頭の中が整理出来ていなかったから現実と映画がごちゃ混ぜで息が詰まって大勢が行き交う中で立ちすくんでしまったけど信号が青から赤へ変わりそうだったから反射的に渡った。渡るしかなかった。

帰りの満員電車でギュウギュウの中で押し出されて押さなくても降りれるのになあ、と思ってしまう自分のちっぽけさを感じてしまって、音楽を聴いたりゆっくり呼吸をしていたら涙が出そうな状態だったので目を瞑ってひたすら息を止めていたけど止めた後の早まる呼吸で涙が出て来た。そうだ、今日はサングラスをしていたんだった良かったなんて変に安心して帰り道は綺麗なお月様が出ていたからスッキリしてルンルンで歩いて帰った

それって、変なの。って彼女が

このブロガーの新着記事

オフィシャルブロガーの新着記事

すべての新着記事

Now Loading...