息子が卒園しました。


息子は生後8ヶ月で保育園に入り、

丸6年、園児生活を送ったことになる。



前の園では2年お世話になり、

引っ越してから今の園に4年通いました。

はじめにお世話になった園をやめるときは、

もう寂しくて寂しくて。


最後の登園の日、

まだ2歳半の息子はよくわからずケロっとしていたけど、

先生に挨拶しながら私だけがビービー泣いていた笑。



それだけ保育園に助けられてたんだなーと。


初めての育児でわけもわからず、

不安だらけで、子供を預けることの罪悪感も晴らしきれず、

とにかく心の支えのように思っていた気がする。



クラスのお友達とも母子ともに仲良くしてもらって。いまだにママたちとたまに連絡を取って遊ぶことも。

初めて子供を産んで必死に育てた地、第2の故郷のように感じています。

↑入園説明会のとき。ちいさい……!



その後ありがたくお世話になることができた今の園は、

とってものびのびとした雰囲気で、子供の自主性を重んじてくれる園で。


大人の足でも片道30分はかかる大きな公園まで毎日のように歩いて遊びに行ったり笑、

ルールや考え方を押し付けることはまったくせず、

子供が自発的に何かをすることを大切にしてくれた。


お勉強とか習い事とかのカリキュラムはほぼないけど、

根本のところで大切な、

自分で立つ力、自分の頭で考える力、

大げさに言えば生きる力そのもの、を、

身につけさせてくれたように思います。




保育園って、どこでもいいから入れれば御の字で、

こちらに選択の余地はない状況で。

とにかくしっかりと安全面が守られていて、子供を優しく見守ってくれさえすればいいと思っていたけど、


優しくエネルギッシュな先生たちが、いつもニコニコとしてくれる園で、本当に安心して預けることができました。


卒園式は2部制で

第1部は厳かな式。

卒園児は証書をひとりずつ授与されて、将来の夢を言って席に戻る。


ひとり目の子が入場してくるとき、すでに涙腺崩壊していた私。

我が子の順番はもう、いうまでもない状態でした笑。

よりによってハンカチ忘れちゃったものだから、とんでもないことに…🤣

writer | editor | drummer of “the mornings” | mother of 6y boy+1y girl

このブロガーの新着記事

advent calendar

my ZINE

子供部屋

GW、海へ

キッズ の新着記事

すべての新着記事