やばー

ちょとわかってきたー


第三者について理解すると

問題解きやすくなる


当事者もしくはその包括承継人以外の者で、不動産に関する物権の得喪・変更の登記の欠缺を主張するにつき正当な利益を有する者 が 第三者。


当事者 相続人以外の人で

あなた登記ないでしょ?と主張することで

その利益を持てる人(その不動産が自分のものになる可能性がある人)が第三者にあたる。


ふふ〜〜。




そして汚いノート 笑。

日々のこと

このブロガーの新着記事

オフィシャルブロガーの新着記事

すべての新着記事

Now Loading...