中島相談室✏️💭❶



【生きるって辛い】






💌

---------------------------------

この頃なんのために生きてるかわからないです
ポジティブに考えるようにしてますが
考えるうちにどんどんネガテイブになって
もーいいんじゃないかって思うことがあります。
生きるって辛いです
こんな時どんなこと考えてますか?

---------------------------------.







ストーリーで募集した、
私で良ければ答えます、な
お悩み相談。🤔




どれを1つ目にしようか迷ったんですが、
これを選びました。

1つ目にしては重いんじゃ、
とも思ったんですが、これにしました。







というのも、
ついこの間、私も、
何のために生きてるのかわからなくなったんです。
そしてあなたと同じように、
もーいいんじゃないか。と思いました。
なんてタイミング!






正直これって、
考えても、あっ、このために私生きてた、
なんて明確な答えは出ないと思います。


ありがたいことに、
"こんな時どんなこと考えてますか?"
と聞いてくれたので、
私がその時何を考えたのかを
ここに記そうと思います。



私の考えたこと、
とだけ思ってください。

これが誰にでも当てはまる
正しい答えではありません。

てゆうか答え知りません。ありません。
長いので、後でどうにか自分で
要約してください。←

















その時の私は、

そう、


"私が死んだら困るであろう人の数"


を数えました。










ちなみに、
私が何のために生きてるかわからなくなる時って
あ、必要とされていないなって感じたとき。







中学の時の夢が
吉本でマネージャーをやる。←
必要とされる人間になる。





今では
必要とされたいと思った場所で
必要とされたいと思った人に、時に、
必要とされる人になる。


これができないとき、
私はダークサイドに落ちる、というか
この世に居場所を失います。





で、
数えました。
端から。







えーと、

まず親友たち。
あの子はもうすぐ結婚するし大丈夫。

あの子は友達多いから大丈夫。





次に妹。
まあ大丈夫でしょう。←






パパ。
まあ…大丈夫でしょう。←






ママ。










あ、ママ。

だめだ、ママ狂っちゃう。
ママだけはだめだ。
弱り果てる姿が想像できる。
瘦せ細っちゃう。











ここで、
とりあえず生きるということの
最後の糧となりそうなものを確認しました。


ここで復活できればそれで大丈夫。


ですが、
今回私は復活できなかったので、













その次に、

ポジティブな"行動"を取ろうと、
これを話しても大丈夫そうな人に
私こう思ったんだけどー、と話すことにしました。






というのも、

私は大学で心理学部にいたのですが
その時の授業を思い出したのです。




私は元々
超がつくほどのネガティブ人間です。
いや、ちがうな。
変なところくっそポジティブ。
極稀にブラックホール級ネガティブ。
みたいな。

みんなが自分の悪口を言っているような気がする、
みたいな時期もあったくらいで。
(こういうのは多分思春期のやつなのかな、←
今はほとんどと言っていいほどないです。
もう他人の声が聞こえない。←)






で、
まあ色んなことを経て
私ってなんだろう?
なんで私はこう考えるんだろう?
っていうのを知りたい。

というのもひとつの目的として
心理学部に入りました。







大学の授業で、

まさにそれを解決してくれる授業と
出会うことになります。











何かが起こった時に、

ポジティブな人の考え方と、
ネガティブな人の考え方、


両方を考えるという授業です。







自分の意思とは別に、

ただ客観的に、

起こった事実だけを見る。






ひたすら、
約束に遅刻した時…
人にぶつかった時…
自分をみて何かこそこそ話してる気がする…


そういう日常にありそうな出来事に対して、
起こった事実だけを
客観的にみる。

これ、
すごくいいトレーニングになりました。









めちゃくちゃわかりやすい例でいうと、
"部活で自分が一番下手くそ。
みんなの足引っ張ってる気がする。"


ネガティブ
→居場所がない。部活行きたくない。

ポジティブ
→足引っ張らないようにもっと練習しよう。




これ、
別に性格がネガティブでも
ポジティブな人と同じように
もっと練習する、っていう行動はできますよね?

すごく簡単な例を挙げてみました。
伝わるのかな?








つまり
その時ポジティブ人間にはなれなくても、

ポジティブ人間と同じ考えは持てる。
ポジティブ人間と同じ"その後の行動"はできる。
んですよ。





性格は変えられないかもしれない。
でも、それに対する態度は変えられる。

考え方、行動の選択肢が増えるんです。



これはあたしの中で革命を起こしました。

(まあいっか!という
メンタルを手に入れたのもこの授業でした。)














そして、
つまり、何が言いたいのかというと、

ネガティブになっている時って
何も客観的に見られてない状態なんですよね。



先生はこう言いました。



"自分にだけカメラが向いている"
"外にだけカメラが向いている"





普段は外に向いていたり、
自分に向いたり、
上からでも横からでも、
そうやって向きを変えられるはずのものが
自分にだけ、他人にだけ向いてしまう。
そこだけに答えを求めてしまう。




この状態では、
考えても考えてもいい結果にはなりません。














あ、あたし今
自分にカメラ向けたまま
がちがちにボンドで固めてるわー。
無理矢理にでも動かさなきゃー。




もしポジティブ人間なら、
悩みは信頼できる人に相談するかなー。









ということで、


私の中で、
この人ならそこまで私のことを心配せずに
話を聞くだけ聞いてくれるんじゃないか、
受け止めてくれるんじゃないか、
っていう人に
自分の心境を話すことにしたのです。



無理矢理"ポジティブな行動"を起こしました。











結果、

私はその人の善意からのポジティブ発言を
思い切りぶつけられ、

相手の意思とは反対に
傷が更にえぐれぐちゃぐちゃになり、
言葉に殺される…!!!

状態に一旦なってしまったのですが、


無理矢理にでも
自分に向かっていたカメラを動かしたおかげで、
そのあとしっかりと
自分の感情と相手の考えを
受け入れられる自分に戻って、
私は無事、ダークサイドを抜け出すことができました。






相談者さんは、
ポジティブに考えるようにしてる、
とのことだったので、
よかったら行動もしてみてください。







多分"ポジティブな行動"っていうのは
なんでも良くて、

誰かに話すなんていう
そんな恐ろしいことをしなくても、
ただ友達と飲みに行くでもいいし、
ジムに行って運動するでもいいです。


あ、ジムはまず、
自分を高めたいポジティブな人間しかいません。
(ジムでインストラクターしていたので
よりそれを身をもって感じていました。笑)



うつ病の予防にもなるくらい
運動は大事なので、
無理矢理にでもジム行こう。これは本当。




とりあえず、
何かしらの行動を起こして、
一人で考え続けないことがいいかなと
自分では思っています。














多分なんですけど、

何のために生きてるんだろう、
には、

答えが元々無くて、

それを考え始めたということ自体が
自分を苦しめるんだと思います。





だから、
その時に考えたこと、は
それとして、大事にしまっておこう。
そんな自分もいたのだね。






何のために生きてるとか
結局答えわからない!
いや誰もわかってない!これは。
いくら考えたって分かるわけがない。
浮かんだとして、それは
その時浮かんだものでしかないでしょ。
答えではないでしょ。

でも、やりたいこと観たいもの
会いたい人もまだまだたくさんいる!!!!
だから生きます。

とりあえず眠いので今日は寝ます。
そして明日きっとお腹すいて、
カフェラテとか飲んでそれで、
美味しい、とかなって、しあわせ、って
少し思うんじゃないかと思います。
その朝のカフェラテのために
今夜は生きます。




もし死にたくなっても、
あたしはママを狂わせないことを糧にして
多分生きていける…!!!!笑







はあ!
とりあえず今日生きててよかった!
はあ!
今日も幸せだったー!
明日も幸せだー!










ここまでの全てが、
私が考えたことでした。



長かったね。笑

明日も、生きよう。

インスタの自分とは、
本当に1mmも関係のないことを書きます。笑

このブロガーの新着記事

ビューティー の新着記事

すべての新着記事

Now Loading...