長崎の母親、持病が悪化したと父親から連絡があり、どうやら頭を開いて脳みそ手術するとか。


長崎に帰る前はいつも恒例で気の合う人らと酒を飲み、語り合い、悔いなく長崎に戻るのが好き。

付き合ってくれた人たちありがとう。いつもよりやかましかったかも。



バタバタで、えらいこっちゃえらいこっちゃてな具合に長崎に帰る予定を立てて、さて飛行機の予約も取ったし、いざ長崎!と意気込んで会社に置いてある荷物を取りに行く途中に階段から転がり落ちて腰を強打。


数分、意識がなくて階段でうずくまっていたのだが、会社までど根性で上ることはできたがまったく動けないくらいに痛い。


トイレに行くにも全身の毛穴がぐわーっと開いて冷や汗が止まらなくて、意識朦朧として吐き気が止まらない。


タバコの一本でも吸えば、元気でるだろと喫煙所にふらふら行くが、吸った後、またもや、動けない。


30分くらいまたまたうずくまる。


ああ、長崎にはどうしても、帰らなきゃいけないと、心を強く持ってみるも動けず。


みかねた従業員が助けてくれるも動けない。

仕方がないので人生初の救急車を呼んでもらうことに。


担架で運ばれ、レントゲンを撮る。

幸い骨には異常がなく、絶対安静にしててくださいとのこと。

強面の看護士さんに座薬を打ち込まれ、オウフwと、疲れからか少し眠る。起きた。動けない😭


泣く泣く車椅子で家に強制送還。




長崎に帰れない。。。


長崎に帰ったら、まだ髪の毛がある母親の写真を撮ってあげる予定だった。

カメラをしててよかったと思ってた。


父親との想い出の場所、デートした場所とか聞いて、地元の信頼できる美容師友達にも時間をあけててもらった。


母親から、かわいいカーディガン買ったのよと連絡きてて、親父がそれにぶつくさ言う、いつもの家族の光景。


母ちゃんは長崎の山口百恵だと、機嫌のいい時の親父がよく言ってて、母ちゃんはからかわれてると思ってブヒブヒ言う。


俺は「母ちゃん、セクシーな女に賞味期限はないんだぜ!」と、風と共に去りぬ のポスターの画像を送って、スカーレット・オハラとレット・バトラーになりきるんだよ!って意気込んでた。


ニューシネマパラダイスばりに長崎で100のキスシーンとか撮りたかった。

親父はいやがるだろうなー。
母ちゃんはブヒブヒ言いながらも、喜ぶだろうなぁー。

それでいいんだよそれで、、、とかニヤニヤ1人で考えてた。

しかし、動けない。帰れない。つまり、撮れない。。。😢


、、、ということがあり、今回、長崎に帰れなかったのはかなり無念である。


連絡できなかった皆様、ご迷惑をおかけしました。


両親共に教育者である家系に生まれながらも、何回も何回も学校へ呼び出し、謹慎、高校退学など出来の悪い俺だったが

自由と責任のトレードオフ、多角的目線を常に持つこと、読書する習慣、死ぬまで勉強しかないという姿勢、健全な批判を行うこと、やりたいことを追求・尊重される環境、幼い頃から多くの海外に連れて行ってもらったこと(およそ20ヶ国!)、多種多様な文化への理解、などなど

いまの人生・事業を行うに当たり、全てがベースになっている。

俺は両親に唯一、誓いを立てていることがある。
自分の人生を成功させて、あなたたちの教育方針は崇高なものだったと証明することだ。

挑戦を忘れた俺は、自殺するからよろしくとまで伝えている笑

31歳になったいま、欲しいものは全て買ったし、お金で体験できることは99%してきた。

心にあることは挑戦あるのみ、という純粋な気持ちである。寝るのも風呂も嫌だしずっと勉強して仕事していたい。

自分自身の絶対的な価値観は研ぎ澄まされてきた、次は相対的な価値をも手にしていき、証明していく。
社会的な価値をより強めなくてはいけない。
雇用を増やし納税をし、立派な会社にしていくことだ。

周りに何を言われようが、ずるい事されようが、この酔狂のような人生、信じて機会を与えてくれた人のためにも粉骨砕身あるのみだ。

というわけで、明日から復活する予定なので、関わりのあるみなさん、もう少しこの、酔狂劇場にお付き合い願えればと。




消えた8万円の出費😢


次回、長崎に戻る時も、各位、よろしくお願いします😢

PRESSBLOG Inc. CEO
インターネット大好き😹❣️
#PRESSblog @pressblog

このブロガーの新着記事

オフィシャルブロガーの新着記事

すべての新着記事

Now Loading...