きらきらひかる

著者 : 江國香織

出会えてよかった…!!

あらためて大好きです、江國香織。


アル中の妻とホモの夫の結婚からはじまる物語。

これだけ見たら、ちょっと奇抜なストーリーを想像してしまうけど、江國さんの手にかかれば、綺麗で穏やかな世界に仕上ってしまう。



“シンプルな恋愛小説です”

そう言ってのけた江國さんだけど、本当にそうだった。



笑子と睦月の心情が章ごとに交互に語られていて

一見すれ違っているようにも感じられるふたりが

実はとても深いところで信じあい惹かれ合っていることを

読み手である私たちは知ることができる。


いつ破綻してもおかしくない状況で

お互いの愛情だけで成り立った生活は

哀れで、見るに耐えなくて、痛いぐらいに切ないのに

これでもかってぐらい、そこには愛しかないから

私には素敵な夫婦に見えた。





ーーーーーあまりに、普通に、ただ恋をしているだけ。


最後のビリージュエルは罪でした。




乱読しても、斜め読みしても、情景がスッとイメージできる、江國さんの表現力はプロフェッショナルそのもの。




誰だって愛なしに生きていけないから


恋愛のエトセトラ

壊れかけのラブストーリー



ぜひ手にとって読んでみてほしい。

タグ

Time waits for no one

このブロガーの新着記事

オフィシャルブロガーの新着記事

ZARA 購入品🌷

Mai

2019年10月19日

ootd

Mai

2019年10月19日

チーズケーキ、北京大学、ミントのコート

カヤノ

2019年10月19日

accessory

MiMi

2019年10月18日

blouson

MiMi

2019年10月18日

volume gether

MiMi

2019年10月18日

ootd

Mai

2019年10月18日

すべての新着記事