付箋が止まらない。

読書猿さんオススメの哲学・倫理学の本です。「哲学に答えはない」が通説ですが、「そうじゃないんだぜちゃんと答えは出せるんだぜ」という内容が優しく丁寧にくだけた口調で語られます。

「哲学って何をするものなの?」という疑問はまず解決されます。そのあとに「哲学ってどうやるものなの?」という疑問に立ち向かいます。とても楽しいです。

自分は学問としても好きですが、音楽やスポーツと同じように哲学は趣味だと捉えているので、著者と意見が合致して嬉しいです。「やらなければならないもの」ではなく「やっていいもの」であって、やればやるほどハマるものです。

今回は付箋が大量に活躍する予感があるので、あとで能率手帳にまとめる予定。

タグ

「高タンパク+低糖質+鉄+ビタミン」のファンです

このブロガーの新着記事

オフィシャルブロガーの新着記事

すべての新着記事

Now Loading...