そうか、もう君はいないのか

著者 : 城山三郎


タイトルがこの夫婦の関係性を表している。

後に残された夫の心を颯と掬う、なんと簡潔にしてストレートな切ない言葉だろう。



”天真爛漫”そんな言葉が似合う亡き奥さんへの包み隠さない愛情が書き留めてあって、本当に好きだったんだなと伝わってきた。





“五十億の中で ただ一人『おい』と呼べるおまえ”


あんな奥さんがいれば、なんだってできるんだろうな。

タグ

Time waits for no one

このブロガーの新着記事

オフィシャルブロガーの新着記事

趣味

mina ❤︎ uetake

2019年05月20日

影響を受けた本

Mayuka Ide

2019年05月20日

シンプルカットソー♡予約受付中です♡

♡selectshop amie♡

2019年05月20日

はちみつ、ネイル、バジル

かやの

2019年05月20日

休日、ペパカフェフォレスト

アサノ

2019年05月19日

2歳の自由研究

shi.

2019年05月19日

A.P.C.

Mai

2019年05月19日

すべての新着記事