福岡に住んでいたとき、友達の紹介で富士家という焼肉屋でバイトしていたことがあった。


たしか、天神のお店で働いていて、その店舗には社員が一人もいなくて、全員バイトだったから、かなり自由奔放に働いていた。
とても貧乏だった僕は、まかないでお肉が食べれることがとても嬉しかった記憶がある。

理由はよく覚えていないけど、すぐにクビになった😖

そんな富士家が会社のすぐ近く、青山にできたので行ってきた。

10年ぶりに富士家の焼肉を食べたけど、青春の味だった。
安くて、ガツガツ食べれて、色々語って、よし、頑張ろう!って思ったけど、31歳の身体にはダメージが大きくて、帰って泥のように眠ってしまった。。。

その昔、富士家のバイトを紹介してくれた友達は、いま東京でデザイナーをしていて、時々一緒に仕事をすることがある。

より厳しい環境に身を置いて、挑戦していく姿勢には感銘を受けている。


少しでも恩返しできたらなぁと思っております。

***

今日はちょっとだけ、資本主義の話を書いてみようと思う。

きっかけはPRESSで働いている @sainu__ と、資本主義について話ししたこと。

そもそも資本主義とは何ぞや?っていうのを知らない人が多いのも問題だけど、なにかの役に立つと思うから簡単にまとめておこうと思った。

ざっくり主義の種類を書くと下の3つになる。

- 資本主義
- 社会主義
- 共産主義

それぞれに良し悪しがあるのだが、詳細は省く。

現状の日本では資本主義であり、それが様々なルールのもとになっていることがとても大事だ。

資本主義の良いところは自由競争な社会であることだ。
自由競争は、希望だ。希望というのは人間が人間たる上で、とても大事な要素だ。
自由競争な社会がもたらす効果は、差別の減少にも、繋がっているのではと思っている。

資本主義・自由・差別(の減少)。

公正さを担保すべきCGMサービスであるPRESSを運営していくにあたってとても大事なことだ。

では本題に!

***

端的に言えば、資本主義の発展により、世界から差別が減少したと言われている。

・ユダヤ人
国土を持たないユダヤ人は差別によって迫害されてきた。公職につくこともできなかった。
しかし、市場が存在したために、商売を行うことで生き残ることができた。

・清教徒・クエーカー教徒
生活面で不利な扱いを受け続けてきたが、市場が存在することによって、貯蓄したお金でアメリカに移住し、生き残ることができた。


宗教差別の話を例に出したが、どんな社会でも、独占や独占に近しい状況が蔓延している市場・分野では差別が起こりやすい。
しかし、自由な競争が行われている市場・分野では、差別が起こりにくいのだ。

なぜならば、市場においては経済効率が最優先され、それ以外の無関係な要因は切り離されるからだ。

例えば、パスタを買う人は、パスタ麺のもとになった小麦をユダヤ人が作ったのか、白人なのか、黒人なのかは気にしていない。

市場には、個人に備わる様々な属性から生産性だけを切り離す動きがある。

生産者Aが自分の事業で、生産性とは無縁の個人的な好みにこだわるとすると、Aは生産制の低い選択肢を選ぶ可能性があるという余分なコストを引き受けることになるため、自由な選択肢がある別の生産者Bに比べると不利になる。

つまり、市場経済においては、生産者Bが生き残り、Aは脱落する可能性が高い。


以上のことから、差別をすると、その代償を払うことになる、と言える。
差別によって損をするのは、被差別者のみならず、市場の仕組みによって、差別をする人にもあるのだ。

差別とは、結局のところ、個人の「好み」でしかない。

宗教、人種、自分とは違ったファッションなどなど。。。

事業を行うにあたって、個人の「好み」は極力排除すべきだと思う。

つまり、外面的な特徴で判断されるべきではなく、人格や行動から判断されるべきである。

パッとSNSを見ただけで、誰がイケてるとかイケてないとか、そんな判断基準をしてはならない。
もしも声をかけてくれた人がいたら、気になった人がいたら、その人の外面的な部分ではなく、内面的な部分に目を向けてみることが大事だろう。

そして、その際はできるだけその人の良いところに見つけてあげるようにしよう。

PRESSはすべての人に対して、挑戦できる場所であることが大事だと思っている。

きっと、僕にわざわざDMして、会社に会いに来てくれる人たちは、何かしたくてウズウズしている挑戦者の心を持っていると思っている。

挑戦者である以上、公正にチャンスがやってくる、そんなサービスでありたいものです。

PRESSを初めて色々な人に会う機会が増えたいま、こんなことを心がけています。

PRESSBLOG Inc. CEO
インターネット大好き😹❣️
#PRESSblog @pressblog

このブロガーの新着記事

オフィシャルブロガーの新着記事

すべての新着記事

Now Loading...