最近はよく、いろんな場面で最終的にどうなりたいのか?という質問をされる。


毎回その度に悩むのだが、


「自分のしてる事を見て依頼をくれた人にどの分野でも100%で応えられる」



と言うものが最終的な目的地かなと思う。



今のご時世カメラマン/デザイナー/ディレクターは山程いるし、そうで無くても機材なんて家電屋さんで買えるから誰でもやろうと思えば出来ちゃう世界(もちろん僕も軽い気持ちで始めた)。



だからぶっちゃけ頼もうと思えば、人はいくらでもいる訳で、どうしてもしたい表現があるのならお金を積んで出来る人に発注かければいい。







営業とか死ぬほど嫌いだし、喋るのが苦手だったのをようやく少しずつ直してる最中のレベルの僕に依頼をしてくれるのは、やはり嬉しい。



"自分の作風を見て"発注してくれる人に100%力を注いで一個一個の作品をこれからも作りたい。


タグ

このブロガーの新着記事

オフィシャルブロガーの新着記事

New release

本山 さくら

2021年07月28日

うつ病の後に実際復職して思うこと

リード真珠

2021年07月14日

私のメンタルヘルス経験談-寛解状態を維持するため取り組んでいること-

リード真珠

2021年07月07日

私のメンタルヘルス経験談-家族や周りの人との関わり方-

リード真珠

2021年07月04日

私のメンタルヘルス経験談-休み中の過ごし方・治療法-

リード真珠

2021年07月01日

メンタルヘルス経験談-休む直前の症状と休む決断-

リード真珠

2021年06月28日

メンタルヘルス経験談-初めの症状たち-

リード真珠

2021年06月19日

すべての新着記事