ありがたいことにPRESSを通じて色々な人に会うことが増えてきたから、自己紹介を書いていく!


このブログが誰かの目に留まって、誰かの希望につながりますように。。。


株式会社デザートを起ち上げて、社長している。


溝口匠。長崎県出身。小学校はインドで過ごした帰国子女!



写真は NYC エースホテル📸




親父から、「これからは英語とパソコンだ」って言われてて、Windows95を与えてもらった。

ゲームしかしてなかったけど。


長崎で青春時代を過ごしていただけど、高校を中退。

アパレル販売のバイトしたり、居酒屋・レストランで働いたり、ふらふらとプータローしながら通信制の高校へ。

通信制の高校はひどかった。運動会で走るのは父兄と先生たち。卒業式では誰も返事しない。

やることなさすぎたのでバイク買って青春らしいことをしてた。


そんなこんなで長崎の生活に飽きたから、バイクに乗って福岡へ。日雇い労働者として生活しだす。

ビルの清掃員とか、土方とか力仕事で儲かることを色々やった。同僚はみんな40~60歳で、日本人は少なかった。グローバルだ。


お金を貯めて美容学校に入学したはいいものの、たいした目的意識がなかった。

音楽が大好きで、ジャズバーでバイトしたり、自分でバンドしたり、クラブイベントのオーガナイザーしたり、適当に過ごした。

ちなみに、このバーはSTEREOという店でして、いまでも福岡に行くときは必ず寄る。飯も酒も音楽もすべていいのでオススメ!

このバイトもすぐクビになったんだけどね。


美容学校を卒業して上京。美容室に就職したんだけど1週間も経たずに退職。

退職した日の夜に、オーナーから三宿の小洒落たかわいいねーちゃんがいる店に連れて行かれた。

「あのねーちゃんは俺の~」とか「東京で成功するってのはこういうことで~」とか超どうでもいいことを言われたのを覚えてる。

同じ言葉でも自分が言うことと他人から言われることでは価値に大きな差がでる。

辞めてよかった。


日雇い労働生活に戻って、貯金してニートして、お金なくなったら日雇い労働。

夜中にギター持って下北沢で弾き語りして小銭稼いだりしたこともあった。

東京・渋谷には変なバイトが沢山存在してた。落ちるところまで落ちたなと思っていた。


そんな生活を3年くらいしてて、さすがに人生やべーと思ったけど、かと言って就職とかしたくない。


外にでるのもうんざりしてきたので、家に引きこもった。

やることがないので、パソコン使って何かしようかなって思って、本格的にiMacをいじくりだした。


ちなみにこのiMac、兄貴から買ってもらった。兄貴は東大生だった。俺とは正反対で真面目な人間だった。

まるで、ジョジョ第四部に出てくる吉良吉影みたいな、平穏を第一に考えてるように見えた。


話を戻す。

こうなってくると、パソコンで生活できないかなと考え出すものだ。

「パソコンで稼ぐ方法」とか「インターネットで稼ぐ方法」とか検索してた笑


数ある選択肢から選んだのは、WEBデザインとプログラミングのスキルを学ぶことだった。

これがよかった。どんどんのめり込んだ。


人生において、いったい何回くらい自分の身体に電撃が走った経験があるだろう?

そのうちの1つだ。想像はどんどん膨らんでいった。神からの天命だとばかりに、寝る間を惜しんで独学しだした。

"とほほのWWW入門"、"KANZAKI"、"VIPでプログラミングスレ" とか見て学んだ。


当時のmixi日記に「これからはITだ!」なんて書いては周りからバカにされたのを覚えてる。

タグ

PRESSBLOG Inc. CEO
インターネット大好き😹❣️
#PRESSblog @pressblog

このブロガーの新着記事

オフィシャルブロガーの新着記事

すべての新着記事

Now Loading...