たまに訪れる映画見たい欲爆発デイ。

今日がそれだったんだけど、見る映画を決めていなくて。



たまたま新宿に行く用事があったから一番近い映画館で上映している作品を確認したら、ずっと気になっていたこの映画がやってたの!






「ダンサー、セルゲイ・ポルーニン 世界一優雅な野獣(原題:Dancer)」





史上最年少で英国ロイヤル・バレエ団のプリンシバル(主役)になった、天才セルゲイ・ポルーニンのドキュメンタリー。


彼はプリンシバルとなってから2年で電撃退団。



バレエ界の異端児として進み続けるセルゲイの姿は僕にはとても孤独かつ、挑戦的に見えた。





人は自由を手にした時に、多くのものを失う。その中で残ったものこそが自分。



そう強く感じた映画だった。




バレエも、セルゲイのことをしらない人でも彼の才能に圧倒されるはず!是非見てみてね〜💫

タグ

tokyo '96 photographer assistant / gay blogger

このブロガーの新着記事

オフィシャルブロガーの新着記事

ootd

Mai

2020年02月25日

ootd

Mai

2020年02月24日

ootd

Mai

2020年02月23日

ootd

Mai

2020年02月22日

ootd

Mai

2020年02月21日

ootd

Mai

2020年02月20日

glitter belt

MiMi

2020年02月19日

すべての新着記事