小さい時は 『将来の夢』 について



あんなに大きい声で

たくさんの人に発表していた。





その時の私たちには


"なれる"  "なれない" なんて基準は存在していなかったはずなのに







いつの間にか、


夢を語ることは恥ずかしいこと。




大きい夢をいう奴はイタイ。



どうせ私なんかにはできない。









それが多くの人が思っていることになっていて。








みーんなが実現可能な小さな夢しか語れなくなっちゃったみたいに。







さみしいね。







あなたの不幸自慢なんて


タグ

毎週月曜日にお話を綴ります

このブロガーの新着記事

オフィシャルブロガーの新着記事

菌活始めましたのごあいさつ

azusa

2020年10月29日

2020ironman70.3セントレアレースレポート

hirame.

2020年10月26日

最近のこと。

みゆき

2020年10月23日

想像力と創造力

yui

2020年10月20日

sweet11月号付録コスメが良い

chip

2020年10月12日

ootd

Mai

2020年10月07日

ootd

Mai

2020年10月06日

すべての新着記事