なにもかもが現実的ではなかった



久々に一人で行った東京はあの頃と変わらずの

人の多さで、思ったより道を覚えていた



思っても見なかった連絡に、一気に私が今

東京にいるということを自覚させられた



迎えに来てもらったり待ち合わせをすること自体、非現実的だった



ちゃんと顔を見たことが、彼が幼すぎる頃しかなかったのに遠目でもすぐに分かった



歳も時間も感じなくて、信じられないほど

ゆっくりしっかり自分の言葉で自分の話ができた


そしてそれを聞いてくれた



歯の大きさや真っ直ぐ並んでいるのに独特な感じや、肌の表面の感じ、髪に含む空気の多さ、自分の指の使い方や話し方、あまりにも似ていた



だからこれは夢だと思った



同じ顔で私の話を聞いて向かい合ってご飯を食べる



こうやって彼とも、いれたら良かったのに



そう思ってしまうほど自然だった

もっと前からずっと長く付き合ってきたくらい自然だった



行きたいと思わなかったら自分で誘っていないと笑うところや、芯のようなものがあってそれを軸に意見があるところ、それも同じだった



唯一だと思う

唯一私と同じ温度で彼の影響を受けて大人になった人



交わることがないと思っていた


そんな人にあんな嬉しいことを言われた



帰りながら新幹線で少し泣いた


人に褒められた中で、人生で一番嬉しかった



いつか記憶からこぼれおちるとしても

このブロガーの新着記事

オフィシャルブロガーの新着記事

私のメンタルヘルス経験談-寛解状態を維持するため取り組んでいること-

リード真珠

2021年07月07日

私のメンタルヘルス経験談-家族や周りの人との関わり方-

リード真珠

2021年07月04日

私のメンタルヘルス経験談-休み中の過ごし方・治療法-

リード真珠

2021年07月01日

メンタルヘルス経験談-休む直前の症状と休む決断-

リード真珠

2021年06月28日

メンタルヘルス経験談-初めの症状たち-

リード真珠

2021年06月19日

私のメンタルヘルス体験談

リード真珠

2021年06月13日

菌活始めましたのごあいさつ

azusa

2020年10月29日

すべての新着記事