Cape Town大学、2017年9月。


南アフリカの大学の結果が出てからもう4日。


帰りの飛行機も予約して、落ち着いてきたので、南アフリカの大学に受かるまでに起きた奇跡を書き留めていく。


5年間の奇跡なので長くなります。





始まりは、2016年。


高校2年生。大学進学を考え始めたとき、日本は嫌だと思った。


というのも、大好きな母校はインターナショナルスクール

6年間でクラスメイトや先輩後輩からいろんな文化と感性を学び、みんなの視野の広さが大好きで毎日が学びだった。


「文化」というのが、かのんの中ではキーワードかもしれない。

色んな文化と個性が混ざり合う瞬間が大好き。


そんな自分が日本で、日本という狭い視野の中で生きていけるのか。

なんか違うなあ、と思っていたときに思いついた海外進学。


アメリカを1番最初に思いついたけれど、学費がとんでもない。

フィリピンは安定の選択肢だったけれど、丁度その頃行っていた先輩があんまり楽しくなさそうだった。(今思うと若い単純な考え!)



そんなときに父に知り合いのAさんを紹介してもらった。

Aさんは南アフリカで1年間留学していたことがあり、お話してくださった多文化国家の南アフリカは、私の理想の国そのものだった。


そこから私の英語力を考慮して、とりあえず南アフリカで語学学校に行くことに。

今思うとすごいねんけど、エージェントも通さず自分で学校を見つけて連絡をとって、高校を卒業して2週間で移住。


(この時から両親は、全て私に任せてくれていたのでエージェントという存在すら知らなかった)



2017年3月。

南アフリカに初めて着いたとき、

英語も話せない

知り合いもいない

未知犯罪率が高い)なのに、まるで故郷に帰ってきたような気持ちになって、嬉し涙が出た。


3ヶ月の滞在予定を、大好きすぎて勝手にビザを延長して6ヶ月にした。

(ママ、パパ、こんな娘を応援してくれてありがとう。)


南アフリカで正直英語はかなり伸びた。

エージェントを通さなかったおかげで、学校に日本人が1人もいなかったのも1つの要因。


半年で、下から2番目のクラス(A2)から、最後には1番上のクラス(Advanced)にいた。


壁、冷蔵庫、鏡、部屋中の目につくところに、その日学んだ知らない英単語を付箋に書いて貼っていた。


日常会話はある程度できるようになったけど、大学に行けるほどではなかった。



2017年6月。

大好きな南アフリカに住むためにやっぱりここで大学に通おう!と思い、大学進学のためにIELTS(日本でいうTOEIC)の勉強を開始。


9月に南アフリカのビザが切れる頃、お金を稼ぎながら英語力を磨くにはワーホリだ!と思いつく。

南アフリカ🇿🇦とオーストラリア🇦🇺に住んで、
現在ポーランドで大学生をしながら、南アフリカに戻るために奮闘中の22歳 ✌🏾
海外での体験談や情報を書いてます。
I’m 22years old Japanese girl, lived in South Africa, Australia and Poland.
Here to share my experiences and thoughts🍣

このブロガーの新着記事

オフィシャルブロガーの新着記事

New release

本山 さくら

2021年07月28日

うつ病の後に実際復職して思うこと

リード真珠

2021年07月14日

私のメンタルヘルス経験談-寛解状態を維持するため取り組んでいること-

リード真珠

2021年07月07日

私のメンタルヘルス経験談-家族や周りの人との関わり方-

リード真珠

2021年07月04日

私のメンタルヘルス経験談-休み中の過ごし方・治療法-

リード真珠

2021年07月01日

メンタルヘルス経験談-休む直前の症状と休む決断-

リード真珠

2021年06月28日

メンタルヘルス経験談-初めの症状たち-

リード真珠

2021年06月19日

すべての新着記事