復職してからは2週間ほど使ってトレーニングして慣れるための時間と環境も設けられていたので、

復職に時間やストレスは要さないと思っていました。


それにもかかわらず、

戻ること自体が間違っていたのではないかと思うくらいひどく落ち込むことも多々、ありました。


これは決して自分の会社を悪く言っているわけではなく、

どれだけ同じ会社・職場・職務内容に戻るのが難しいのか痛感した私自身の経験談です。



たとえ復職に向けてのトレーニングがあったとしても、時間が全くと言って足りませんでした。

個人差はもちろんあるかと思いますが、、、


トレーニングと実務は全く違い、

実務をこなす中でも昔の感覚を戻すために

一種のトレーニングであるということに

気づくのも私自身だいぶ後でした。


また、

これはうつ病を発症する人の性格かもしれませんが、

弱音を吐いたり、助けを求めることができません。


なので、

せっかくトレーニングの時間があったのに

できないなんて言えない!

という気持ちが強くまだ残っていました。



また、

うつ病や適応障害、パニック障害は

偏頭痛や慢性の身体に症状として出る病気より話しにくいトピックです。


復職したことは、

もう絶対大丈夫という空気はどの会社にも流れると思います。これはきっとどの会社もそうだとおもいます。

私もそれを感じました。

治ってはいるけど、再発しないようにしないといけないことは、発症した当事者しかその不安はわかりません。

周りからすると治っていて、もう大丈夫、また休んだりしない、という解釈になりがちだと思います。


そのため、

まるで何事もなかったかのようにしないといけない空気が、私はとても辛かったです。


これはもしかしたら

自分が過敏だっただけかもしれませんが、

助けを求めることが必要だと学んだはずなのに

ただじっと、黙って、仕事をしないといけない

そんな空気として捉えてしまう自分、

また精神疾患という話題の取り上げにくさに、

なんとも言えない気持ちになりました。




現在

精神疾患やメンタルヘルスケアと向き合っている方も、

人間関係や集団生活をする中で、

なんとなく鬱などの病気は触れてはいけない、

腫れ物を触るような会話になることはきっとあると思います。



全世界の企業のあり方を変えることは難しいですが、

改めて自分の声に耳を傾けて、

泣いてもいいから自分のしんどい時は言える人に言うことの大切さを

私自身がこの1ヶ月で学びました。


なのでせめてもの、私の友人など身近な人、

そして私の勤める会社では

誰一人、何事もないように

傷を隠して出勤しないといけない1日を過ごす人がいないようにしたいと、強く感じました。


私自身の

再発など心と向き合う経験はまだまだ続きます。


またそのつど、このブログに書いていけるといいなと思います。


Shinjyu

🗣🇺🇸🇯🇵🇰🇷
26歳
日常の出来事いろいろ
メンタルヘルスケアに関する経験談を連載中。

このブロガーの新着記事

モデル の新着記事

うつ病の後に実際復職して思うこと

リード真珠

2021年07月14日

私のメンタルヘルス経験談-寛解状態を維持するため取り組んでいること-

リード真珠

2021年07月07日

私のメンタルヘルス経験談-家族や周りの人との関わり方-

リード真珠

2021年07月04日

私のメンタルヘルス経験談-休み中の過ごし方・治療法-

リード真珠

2021年07月01日

メンタルヘルス経験談-休む直前の症状と休む決断-

リード真珠

2021年06月28日

メンタルヘルス経験談-初めの症状たち-

リード真珠

2021年06月19日

私のメンタルヘルス体験談

リード真珠

2021年06月13日

すべての新着記事