腕時計の小振り回帰と言われる一方で、ガツンと腕元で強いインパクトを発揮するデカ厚時計たちが再び人気を高めている模様。その理由はなぜ? マッチョなデカ厚時計の効果・効能をお答えします。


メリハリ上手は、腕時計もシーンに合わせてチョイス!


近年では、控えめなサイズ感の時計が流行りと言われてますが、どっこい、世界的にはタフでマッチョな時計がず~っと売れ続けていて、日本においても再び人気が上昇している模様。そういえば仕事で成功を収めている人ほど、最近はプライベートでデカ厚時計をつけているケースが多いような……。


これって恐らく、メリハリをきっちりつけたいからでしょうね。デキる人は、仕事も猛烈にするけれど、遊ぶ時は思い切り遊び倒すもの。そしてその遊びのスイッチを入れるのに、ガツンとマッチョな時計はうってつけ。

そうそう、ファッションなデカ厚ではなく、上掲の「パネライ」のような名実揃ったモデルであることも重大なポイント。タフさはお墨付きですから、安心して全力で遊べるわけです。


瞬間瞬間を全力で楽しみたいのなら、マッチョなスポーツウォッチでキマりですよ。


● コーデ実例


アクティブなスタイルにはやっぱりデカ厚が映えます


ハードスケジュールに追われるなか、ポッカリ時間が空いたから、彼女を伴って愛車で海までドライブ……。そんなシーンこそ、マッチョな時計の出番。とくにこのパネライは綺麗なブルー文字盤のダイバーズモデルですから、海に連れて行くのに格好の存在なのです。

むろんこういう高級感ある時計は、アクティブなスタイルの格上げ役としても活躍。ここでは海風がしのげるシャカッとした白アウターを羽織っていますが、綺麗なブルー文字盤とキラリとした上質ステンレスの輝き、そしてその逞しいプロポーションにより、いかにも海が似合うリッチな男といった風情に。

無論、300m防水の屈強モデルですから実際に海に入ってもまったく問題なく、たまのお休みを無駄にすることなく、キッチリ遊び倒すことができます。


◆ パネライ


リッチな夏男の腕に映えるブルー文字盤


アイコニックなリューズプロテクターに加え、逆回転防止ベゼルをもつ「パネライ」伝統の本格ダイバーズシリーズ、サブマーシブル。これまでは基幹コレクションルミノールに属していましたが、2019年、完全に独立したコレクションへと昇格し、ますます人気を高めています。

こちらは文字盤とベゼルをブルーで統一した新作で、屈強さと爽やかさが絶妙にバランスした佇まい。リューズプロテクターの形を模したSSブレスも日差しリッチに映え、これからの季節の遊びの相棒にうってつけです。


◆ オーデマ ピゲ

ファッションニュース、報告し続けます!しばらくお待ちくださいhttps://shopping.yahoo.co.jp/

このブロガーの新着記事

オフィシャルブロガーの新着記事

菌活始めましたのごあいさつ

azusa

2020年10月29日

最近のこと。

みゆき

2020年10月23日

想像力と創造力

yui

2020年10月20日

sweet11月号付録コスメが良い

chip

2020年10月12日

覚書。

azusa

2020年09月19日

カップルイラストまとめ♡

chip

2020年09月16日

3coinsのワイヤレスイヤホン!?

chip

2020年09月14日

すべての新着記事