古着屋さんDEPTのeriと、大好きな文筆家佐久間由美子さんのポッドキャスト「もしもし世界」本当に面白いーーー!


”自分が声をあげても無駄。世の中で起こるいろいろな問題、傷つく人などに直面するとそう考えてしまうけど、どんなにパワー、影響力、人気のある人も(水原希子ちゃんや、さんまや、横浜流星、ゆりあんレトリィバァも、、わからない誰が今人気なの)声をあげる権利として持っているのはたったの1票。


私たちと同じ1票!投票する権利を持ってる。声をあげられるチャンスがあるのに、使わないのは罪深いよ

ってめっちゃ納得した


声を上げないと、医療体制が崩壊しつつあるのに経済の為にといいオリンピックを強行すること、貧困に苦しむ子供、学費支援は乏しく年金は保証する社会、内戦から日本に逃げてきた難民になってしまった人を追い返す、自分たちの利権やお金儲けの為に将来大人になる自分の子供が生きる環境を壊している原子力発電所やCO2を減らそうとしない菅さんはじめとする自民党政府、ミャンマーの虐殺、みんなどうでもいい、めんどくさい、私は見て見ぬ振りをします、ってことになってしまう。


自分は裕福じゃないけれど、愛されて育ったこと、少なくとも自分以外のことを考えられる余裕がある(ご飯も食べられて余暇も好きなもの買える最低限のお金はあって)こと、時間やお金や権力に振り回されずマイペースに暮らせたりすることが心から幸せで、すごく感謝している。だから今はすごく無力だけど最低限投票はしたいし、電気は再エネに切り替えたいし、なるべくローカルに買い物もしたい。


あんまり関係ないけど、親友がいつも幸せそうじゃなくて、不満ばかりこぼしていて、不倫とかして自己肯定感も低くて・・・

会社が嫌いならやめればいいし、一人暮らし始めてみればいいし、自分をダメにする男に近づいて傷つくを繰り返すなら近づかなければいいし・・・って簡単じゃないけど。親友がこの悪循環から抜け出す為に何をすればいいんだろう


親友の悩みを聞いてて、日本社会のことを考えちゃう。幸せになるのが難しい学校、会社の環境。(その場で楽しい、とかじゃなく、精神的に幸せでいることについて特に!)正直日本の事なかれ主義、「個性」とか言いつつその人の歴史や意思、オリジナリティは全く感じない量産型のトレンド、同調圧力(肌白い、細い=美とか)、男尊女卑(女は当たり前のように評価され、強い女=女らしくないとか)、インスタ映えるための行動、驚くほどやらせのメディアに嫌気がさしてしまう。だって、そんなの誰も幸せそうじゃないし、なんか他人に対して想像力がない人、冷たい人が多いし、自己肯定感低いし、他人と比較ばかりしてないで自分が幸せになりなよ、って思うし、そもそも人のものさしで自分の幸せをはかっていたら一生自分の価値なんてわからないしそれを人にも(自分の子供とか)に強制してしまうのはもっと怖いし終わりがない。

このブロガーの新着記事

オフィシャルブロガーの新着記事

菌活始めましたのごあいさつ

azusa

2020年10月29日

最近のこと。

みゆき

2020年10月23日

想像力と創造力

yui

2020年10月20日

sweet11月号付録コスメが良い

chip

2020年10月12日

覚書。

azusa

2020年09月19日

カップルイラストまとめ♡

chip

2020年09月16日

3coinsのワイヤレスイヤホン!?

chip

2020年09月14日

すべての新着記事