仕事や学校、今ある生活を放棄して平和を求めなくても、平和は与えられて当たり前だから。遠い国で起きていることは、インスタやTwitterで流れてきた動画を見なければ、起きていないことと同じだから。自分ができることなんてないと決めつけているから。ただでさえ自分の生活で精一杯なのに、知らない人のために腰をあげるなんて面倒臭いとどこかで感じている。コロナ疲れ。


日本で起きている事にしか目を向けないことは簡単だし、日本スタンダードで考えることは学校で教えられてきた事だと思う。「政治」は難しい、堅苦しい、流行っていない、周りの子はやっていない。


でも、心があるなら、思考を停止していないなら、「政治」として取り上げられる社会問題(例えば、女の生き方や見た目を勝手に型にはめて評価したり侮辱したりするジェンダー問題、日々私たちみたいな一般的な市民が理由もなく殺人されているミャンマーの民主化運動、あちこちで起きている異常なほどの暴雨、山火事を引き起こす気温上昇)は、パーソナルな問題であって、全く堅苦しくもなければ他人事でもないし、興味を持って当然で、むしろ、なんで自分が幸せに生きるための制度や社会の構造、それを決めるリーダーに対して、誰かにやって貰えば、決めてもらえば自分の幸せは保証されるなんて、無責任でいられるんだろう。



もちろん自分も自分のことで精一杯で、たまに時間があるときに質の良いニュース番組やニュースラジオ(Session 22など)をみて自分なりに勉強すると心が痛くなり、何かしなきゃ!できる!と思うのだけれど、日々の忙しさを言い訳に流れていってしまう。



昨日は、Change.orgで署名した。ミャンマーの殺人の毎日を止めるには、ミャンマーの両方の拘束された側だけでなく、クーデタを起こしている側にもパイプを持つ日本政府に働きかけるしかない!(具体的には、ミャンマーで市民に暴力を振るう、恐怖政治を行う国軍が活動し続けるための資金源を少しでも奪うために、日本政府に国軍に対して経済制裁を行ってもらったり、国軍を資金的に支援する企業との取引をストップすることなど)これまた人任せだけど、影響力があって、自分が家にいながらできること。東京外語大のビルマ語を学ぶ学生有志の方が立ち上げて、78000以上の署名を集めている!はじめの一歩だと思って。


国軍の人たちは私たちみたいなただただ普通の生活を送りたい市民を実弾やマシンガンを使って殺人しているケースもあるようだけれど、「悪者」と括るのは違うな、とも思う。そもそもなんで国軍になったのだろう。彼らに守りたい家族はいるのかな、軍や虐殺をやめたいのにやめられない人はいるのかな。

このブロガーの新着記事

オフィシャルブロガーの新着記事

菌活始めましたのごあいさつ

azusa

2020年10月29日

最近のこと。

みゆき

2020年10月23日

想像力と創造力

yui

2020年10月20日

sweet11月号付録コスメが良い

chip

2020年10月12日

覚書。

azusa

2020年09月19日

カップルイラストまとめ♡

chip

2020年09月16日

3coinsのワイヤレスイヤホン!?

chip

2020年09月14日

すべての新着記事