読みやすい文章を書きたい。

私の文章はとっ散らかっている。読み返す度にoh là là ! と思っている。(そんなワケない)


色んな人のブログを読んだり自分の文章を読み返したりしながら修行していきたい。





昨日、世界で1番好きなアーティストのライブのチケットを予約した。


今までに彼らのライブへは2回行ったことがある。どちらも以前の恋人と足を運んだ。

今回、1人で参加する。初めてのことだ。


行くかどうか悩んだが、生活の楽しみは多いに越したことがない。だから行ってみることにした。

でもどんな経験をすることになるのかあまり想像がつかなかった。そこで、これまでの経験からどんな感じになるか予想してみる。






昨年、私は愛知県美術館の展覧会に二度足を運んだ。

一度目は恋人と訪れた。もう一度は一人で。




思い出として残っているのは恋人(つまり他の人間)と行った時の方だ。でも、展示への記憶がよりハッキリしているのは自分自身と行った時だ。



同伴者と感情や記憶の共有をすることは、相手が自分と違う見方の人なら約2倍の視点で見ることができるということだ。

しかし思い返すと、会話などで得た情報は、自然とイベント自体の情報の濃さを薄める。




この文章を書いていたら、私はファミレスでアルバイトをしていたから、ドリンクバーのジュースの中身を作る時のことを思い出した。



人と経験をシェアすることは、ジュースの原液を2倍にする(イベントの面白さを2倍にする)ことであると考えていた。より味わい深い経験になると思っていた。


でも、実際は原液を割る水を2倍にするという具合に、味は薄い。

だけどお腹に溜まる。

誰かと共にした経験は、しっかり頭に残る。




知識を得たかったり、イベントの一瞬一瞬を頭に焼きつけたいなら一人で行くべきだ。という結論に至った。



しかし、行く場所自体ではなく、

"相手"との記憶を頭に留めたいのであれば

より沢山の経験を一緒にするのはお互いのことを考え合うために有効だろう。



私は恐らく、自分にとって大切すぎる展覧会やイベントにはこれから1人で行くだろう。

その方が圧倒的に記憶に焼き付けられるからだ。今度のライブも、とても楽しみになって来た。私が世界一好きなアーティストはきっと忘れられない夜にしてくれるだろう。

早くライブの日にならないかな。


だけど他の誰かと何かを経験することもとても好きだ。同じものをみたりきいたりしたとしても、それが1人か2人かの違いだけでこんなに記憶に対する作用が違うのは面白い。

これはみんなに当てはまることじゃないかもしれないけど自分の中の法則を知るのもまた新たな発見だ。

21年も自分と付き合っているのに分からないことだらけだし、それなら1、2年付き合った相手のことがわからないなんて当たり前だなと思ったりした。


(最後何の話をしてるんだ?という終わりになっちゃった。)


ではまた。





Salut!



majoring in French|interested in modern art

このブロガーの新着記事

オフィシャルブロガーの新着記事

ふらふらしやがって。

渡邊りつ🦉

2021年04月13日

最近よくつけてるアクセ。

渡邊りつ🦉

2021年02月22日

ゆらゆら、ふわふわ、と。

渡邊りつ🦉

2021年02月10日

こーでと、ティーと、私 🌚

渡邊りつ🦉

2021年02月04日

.゚・*.🦉 家族がふえました 🦉.*・゚

渡邊りつ🦉

2021年01月31日

こわれたんだから、好きなようにつくりなおせる。

渡邊りつ🦉

2020年12月28日

#ヲタ活 ♥ ロゼット作り方 🌚

渡邊りつ🦉

2020年12月16日

すべての新着記事