蒸し暑さに嫌気がさして、秋の風が恋しいこの日

私が彼らを愛した記録を綴ってみようと思う。




遡ること4年前

2016年、私は初めて"防弾少年団"というグループの存在を知った。その後まさか好きになるとは露知らず、「へ〜変わった名前」なんて呑気に思っていた。そんな存在さえも忘れかけていた頃、YouTubeのおすすめにふと出てきた動画。

そこにはどこか幼いようで大人な雰囲気を醸し出す彼らの姿が映し出されていた。

ただならぬ胸のときめきを感じ、私は一瞬にして心を奪われてしまったのだった。


その日を境に、私は彼らのトリコになった。



彼らには人々を本能的に惹きつけるそんな魅力がある。それ故に、私の周りには沼入りした人がたくさんいる。あたりまえだ。こんなの好きにならないはずがない。彼らの楽曲は言語の壁を越えて世界に羽ばたいている。なんて誇らしいことだろうか…。ひとりひとりの個性が輝く防弾少年団。全てを自分色に染めてしまう7人に私は一体何度心を奪われればいいのだろう。きっとそれは、これからも変わることはなく、月明かりのように私たちを照らしてくれる防弾さんを愛することが定めだと知るんだ。






そんな彼らと私の出会い。

オフィシャルブロガーの新着記事

ootd

Mai

2020年09月20日

ootd

Mai

2020年09月18日

ZARA・H&M購入品🌷

Mai

2020年09月17日

カップルイラストまとめ♡

chip

2020年09月16日

ootd

Mai

2020年09月16日

秋冬オススメのスニーカー👟

Mai

2020年09月15日

3coinsのワイヤレスイヤホン!?

chip

2020年09月14日

すべての新着記事