「これってデートなのかな」

そう聞かれた時、

なんて答えたらいいかわからなかった。

「そうに決まってるじゃん」なんて

言えるような男だったら

きっと僕はモテたんだろうな。


この子とは付き合ってない、

でも特別な女の子。


 

僕には忘れられない女性がいる。

その人は僕よりも優しくて面白くて

明るくて頭も良くて将来有望な彼氏がいる。

だから僕は忘れたくて

この子と一緒にいるんだと思う。

特別な女の子、

でも僕には忘れられない女性がいる。

好意を利用するなんて最悪で最低だって

わかってる。わかってても、

自分のことを好きでいてくれる人といたかった。


「好きになっちゃったからしょうがないよね」

って、あの子に言われた時

ごめんねって言いそうになった。

言っちゃ駄目だってわかってるけど

そう思わせてしまってる事、

凄く苦しかった。


こんな関係は絶対におかしい。

よくない。もうちゃんとお別れしないとね。

甘えてたらあの子を苦しめるだけだね。


好きになれなくてごめんね

好きでいてくれてありがとう

タグ

毎週月曜日にお話を綴ります

このブロガーの新着記事

オフィシャルブロガーの新着記事

New release

本山 さくら

2021年07月28日

うつ病の後に実際復職して思うこと

リード真珠

2021年07月14日

私のメンタルヘルス経験談-寛解状態を維持するため取り組んでいること-

リード真珠

2021年07月07日

私のメンタルヘルス経験談-家族や周りの人との関わり方-

リード真珠

2021年07月04日

私のメンタルヘルス経験談-休み中の過ごし方・治療法-

リード真珠

2021年07月01日

メンタルヘルス経験談-休む直前の症状と休む決断-

リード真珠

2021年06月28日

メンタルヘルス経験談-初めの症状たち-

リード真珠

2021年06月19日

すべての新着記事