精霊流し

時々じいちゃんの声を思い出す

子どもの相手は上手ではなかったけど

優しかった

入院したじいちゃんが

身体を拭きたいと

私が看護師さんを呼ぼうとしたら

『花ちゃんでもよか』と言った

私のこと花ちゃんって呼ぶんだって

少しびっくりして嬉しかった

温かいタオルをもらって

やり方が分からなくてそのまま拭こうとしたら

タオルめっちゃ熱かったようで

じいちゃんが飛び上がった

超申し訳なかったけど

あの躍動感を見たら

じいちゃんがすぐに亡くなるなんて

思えなかったなー

じいちゃんの最期は家に帰れた

ばあちゃんが、

とっても大きな深呼吸を最後に一回したのを見た

ばあちゃんはじいちゃんの事が大好きだったから

それから明らかにボケた

ばあちゃんは私の事も忘れた

じいちゃんはまた来年帰ってくる

ばあちゃんには見えてるといい

のどかな田舎で美容師をしています
旦那さんとおばあちゃんと犬との楽しい暮らしです

このブロガーの新着記事

オフィシャルブロガーの新着記事

菌活始めましたのごあいさつ

azusa

2020年10月29日

最近のこと。

みゆき

2020年10月23日

想像力と創造力

yui

2020年10月20日

sweet11月号付録コスメが良い

chip

2020年10月12日

覚書。

azusa

2020年09月19日

カップルイラストまとめ♡

chip

2020年09月16日

3coinsのワイヤレスイヤホン!?

chip

2020年09月14日

すべての新着記事