最近は、ちょっと忙しくしてたけど


変わらずたまに映画を見ていて


この前見たのは、


「On the basis of sex/ビリーブ 未来への大逆転」



あらすじ


貧しいユダヤ人家庭に生まれたルース・ギンズバーグは、「すべてに疑問を持て」という亡き母の言葉を胸に努力を重ね、名門ハーバード法科大学院に入学する。


1956年当時、500人の生徒のうち女性は9人で、女子トイレすらなかった。家事も育児も分担する夫のマーティの協力のもと首席で卒業するが、女だからというだけで雇ってくれる法律事務所はなかった。


やむなく大学教授になったルースは、70年代になってさらに男女平等の講義に力を入れる。それでも弁護士の夢を捨てられないルースに、マーティがある訴訟の記録を見せる。ルースはその訴訟が、歴史を変える裁判になることを信じ、自ら弁護を買って出るのだが──。(あらすじはfilmarksから)





今より、もっともっと男女差別が当たり前のように行われていた時代



ルースのように諦めずに声を上げ、


戦ってくれた人がいるから今の時代があると思う



もちろんいまだに残っているけど


これからも、私たちの未来のために声をあげていかなきゃ




そして、家族の支えなしでは成し遂げることが


できなかったと思う



理解のある旦那さんと、しっかり者の娘さん


素敵な家族




タグ

🎬Movies / ✈️Travels /🇬🇧London life

このブロガーの新着記事

オフィシャルブロガーの新着記事

菌活始めましたのごあいさつ

azusa

2020年10月29日

2020ironman70.3セントレアレースレポート

hirame.

2020年10月26日

最近のこと。

みゆき

2020年10月23日

想像力と創造力

yui

2020年10月20日

sweet11月号付録コスメが良い

chip

2020年10月12日

ootd

Mai

2020年10月07日

ootd

Mai

2020年10月06日

すべての新着記事