「お邪魔しますなんて気持ちでは山に登らない。」

先輩が言っていた言葉。

46億年前に地球が誕生して、大地や海ができ、約500万年前に人類が現れた。地球温暖化の現状をテレビで見たのは小学生の頃。

私たち人間が豊かな自然を脅かしている元凶だとほのめかされてきたし、それは事実だと思う。だから私はなんの疑いもなく、自然に対して少し謙遜したように生きてきた。

だけど、その先輩は違った。登山をするときには携帯トイレを使うし、ゴミも持ち帰る。それはお邪魔してるからということではなく、山での当たり前なのだ。お互いが線を引いているようなその当たり前が、私にはとてもかっこよく見えた。


私たちの発展によって、自然を汚してきたことがある。自然災害によって大切な命を奪われたことがある。明確な違いは、人間には意思があること。作為的でなかったとはいえ、未来を想像することならできたはず。

地球に生まれたものとして私たちは堂々と、豊かな自然を味わう権利がある。ただ、考える人間に生まれたからには、この頭を出来る限り使って、へりくだらずに、同等に、自然と共生したい。

このブロガーの新着記事

オフィシャルブロガーの新着記事

菌活始めましたのごあいさつ

azusa

2020年10月29日

2020ironman70.3セントレアレースレポート

hirame.

2020年10月26日

最近のこと。

みゆき

2020年10月23日

想像力と創造力

yui

2020年10月20日

sweet11月号付録コスメが良い

chip

2020年10月12日

ootd

Mai

2020年10月07日

ootd

Mai

2020年10月06日

すべての新着記事