おじいちゃんが亡くなったのが

きっかけなんだけど

火葬場まで行って骨になるのを

目にしたのが

ほぼ初めてだったからだと思うんだけど

生きるってよくわかんないなあ〜って

最近よく思う


もうおじいちゃんは

私に悲しいことがあろうと

嬉しいことがあろうと

それを知ることはない

今まで全部知ってたのに

私の事もう更新されなくなるの


おばあちゃんと行ったところの記憶も

覚えたことも、心が傷んだ内容も

形があるものじゃないから無くなる

当たり前のことなんだけど

それがなんだか不思議で切なくて

命って儚くて寂しくって、嫌だ


それなら私が今色んなこと気にして

生きるよりも

自分の心がハッピーな方ばっかり

選んで大丈夫だし

見栄とか安定とか普通とか

いらんなあーって

悲観的な私にはいい考え方を身につけた


小さな失敗も大きな失敗も

一生で見たら可愛いものだな、と


あと、

相手に何か暴言投げたくなったりしたとき

その人の両親ってどんな人なんだろうって

考えることができたら

少しでも減ると思うんだけどな

ほんの少しかも知れないけど

98 (99)
🌳

このブロガーの新着記事

オフィシャルブロガーの新着記事

想像力と創造力

yui

2020年10月20日

houndstooth HAT

MiMi

2020年10月16日

pearlbuckleBELT

MiMi

2020年10月16日

front ruffle OP

MiMi

2020年10月16日

sweet11月号付録コスメが良い

chip

2020年10月12日

ootd

Mai

2020年10月07日

ootd

Mai

2020年10月06日

すべての新着記事