こんにちは。

今日もブログを覗いてくれてありがとうございます。

文章を書く時、いつも敬体で書くか常体で書くか悩んで、結局常体の方がなんだか自分らしい気がしていたのだけれども、今日はなんとなく敬体で書いてみようと思います。


今日は、高校の頃同じクラスだったなつかちゃんに「オーラ絵」を描いてもらいました。

もう7年も前になるのかな。当時なつかちゃんはいつも鼻歌を歌っていて、ご機嫌で、ハッピーオーラ満載のかわいい女の子でした。彼女が笑うと私まで笑ってしまうような。

一緒にお弁当を食べたり、一緒に行動したりすることはなかったけれど、なんとなく惹きつけられる魅力がありました。

そんな彼女とはfacebookでつながっていて、(いつつながったのか、どうやってつながったのかはわからないけれど)絵と対話できたり、人のオーラが見えたりするという能力を生かして絵を描いていることを知りました。


なつかちゃんが描いてくれた、私と私のオーラ


お話しに夢中になってたら、いつの間にか筆とペンをするすると動かして描いてくれていました。すごい!!!


以下、なつかちゃんが私のオーラを見て、伝えてくれたこと。

青とピンクのオーラ。青は知性、もしくは思いを寄せる人の色。ピンクは恋の色。(私、ちょっとこの辺で恥ずかしくなる)

私の頭の上に大きなライオンがいる。寂しそうなライオン。でもライオンは一つの家庭をもって、大事にしていきたい、と言っている。ライオンの周りには大きな広い草原が広がっている。広い世界に出ていきたいんだね。

タイだけじゃなくてもっともっと広い世界に出て行く。島国にはおさまらない。

笑顔がチャームポイント。高校の頃はみきちゃんはかわいいという印象だったけど、今はかっこいいという印象。



文字に起こしてみると、嬉しいような恥ずかしいような。



私の頭の上にいるライオンは、心の底にある思いをそのまま代弁してくれているかのよう。

広い世界に出て行きたいという野望をもちつつも、自分の帰る場所や精神的な心の拠り所が欲しいという相反する思いも、近頃抱いていました。

溢れ出そうな寂しさを、どこにも行けないもどかしさを、好きな人たちに会えない悲しさを、どうすることもできない状況を前に、強く在らなければという重い蓋で押し込めようとしていました。






気づいていたんだよなあ、その気持ちに。でも無視し続けてごめん、自分。

通話を終了したあと、とめどなく溢れる涙が答えだった。




誰かの弱さに寄り添いたい、やさしい言葉をかけてあげたい、成長を見守りたいという、どこから湧き出て来るのかわからないおせっかい精神ばっかりで、ぜんぜん自分のことを見ようとしなかった。当たり前だけど、そんなんで人のことを大事にできるわけないよなあ。




なつかちゃんのおかげで、自分の心に目を向けることができた、5月最後の日でした。




なつかちゃん、本当にありがとうね。



彼女は、#日曜日の似顔絵屋 というハッシュタグで、似顔絵を投稿しているので、是非見てみてくださいね。

タグ

たまにゆるく更新します。

このブロガーの新着記事

オフィシャルブロガーの新着記事

菌活始めましたのごあいさつ

azusa

2020年10月29日

2020ironman70.3セントレアレースレポート

hirame.

2020年10月26日

最近のこと。

みゆき

2020年10月23日

想像力と創造力

yui

2020年10月20日

sweet11月号付録コスメが良い

chip

2020年10月12日

ootd

Mai

2020年10月07日

ootd

Mai

2020年10月06日

すべての新着記事