これをさらに


フィルム風に加工するには、


VSCOで

A6:+7.0

露出:-0.2~0.5

コントラスト:+0.5

粒子:+4.0~5.0

ビネット:+4.0

というように加工すると良いと思います。


ポイントは粒子で、粒子を適量入れてあげるといい感じに画像が荒くなり、フィルムカメラっぽい雰囲気が出ます💍


(A6フィルター以外の手順は、少しの誤差があったとしてもA6フィルターに適さない写真にも適応できると思うのでぜひ参考にしてください)


伝わりますか?

上の画像と一緒に保存して比較してみてください💡


色合い的に、ヨーロッパの街並みにもよくあいます〜

例えばローマのコロッセオ🇮🇹


HB2に似ているフィルターではあります。


ただ、HB2は少し写真に青みが出てしまい暗すぎることがありますが、

A6は強めにかけすぎてしまったとしても、

色合いもコントラストも全体的に自然な加工に仕上げてくれます!


フィルム風加工がしたい方には

A6の方が断然おすすめ!


それでも、より写真に深みを与えてくれるのはHB2なのかもしれないです✂️


ちなみにHB2と同じようにA6は夜景の写真にかけると画質が良くなります!

この2つのフィルターでの仕上がりにほとんど差はありません。


こんな感じで、A6はHB2に負けないくらい有能はフィルターです!


少し長くなってしまいましたが、少しでも参考になったら嬉しいです。

自粛中ぜひ過去の写真でこのフィルターを試してみてください☺︎


また更新します🌷

タグ

(18) uni student

このブロガーの新着記事

オフィシャルブロガーの新着記事

菌活始めましたのごあいさつ

azusa

2020年10月29日

最近のこと。

みゆき

2020年10月23日

想像力と創造力

yui

2020年10月20日

sweet11月号付録コスメが良い

chip

2020年10月12日

覚書。

azusa

2020年09月19日

カップルイラストまとめ♡

chip

2020年09月16日

3coinsのワイヤレスイヤホン!?

chip

2020年09月14日

すべての新着記事