私が遅れたのではなく

季節が遅れたんだと

いつも外では言い訳を

いつも中では悔やみ切る

わがままな感性も、甘えてくる心臓も

親が与えたものだと


あっ

美しさも


「今日だけは夏の夜のマジックで

今夜だけのマジックで

歌わせて

今なら君のことがわかる気がする」


ってさ、本当にわかる?

歌詞みたいなフィクションが風流なら

それを感じるまで

私は夏をずっと終わらせない


蛙の子は蛙

確かめるようにメロディを口ずさむ

時折流れる下手なピアノが

何故か団地に響き渡って

それはそれで風流だなんて

そんなこと思ったら夏が終わっちゃうじゃないか


今日も蒼かった

私の気品が孤独を消した

私の夏が終わる前に

幻の退廃を慈しむ

何にもないから美しい


のかなぁ


わからないことも美しいとか

そんなどうでもいいことを考えてます

夏が終わったって

私はいつまでも夏のまま


だといいなぁ

love PINK !!!!!💖

このブロガーの新着記事

オフィシャルブロガーの新着記事

ootd

Mai

2020年06月03日

ootd

Mai

2020年06月02日

VISITFOR×ne quittezpas

Nozomi mizukawa

2020年06月01日

ootd

Mai

2020年06月01日

zoom打ち合わせ

福田瞳

2020年06月01日

A.P.C.

Mai

2020年05月31日

雨の匂い

福田瞳

2020年05月31日

すべての新着記事