正直、もう辛かった

全てをやめてしまいたかった

朝にしか帰らない自分も

何かに頼って現実を見ないように必死な自分も

何より自分のことを愛せない自分が

どうしても好きになれなかった


夢なんてとっくに忘れたフリして

お酒に飲まれてみたり

男に頼ってみたり

本当はずっと心のどこかで忘れられずにいるのに


夢へのときめきとか

未来へのワクワクとか

もう、わからなくなりそうだった

むしろ、忘れてしまいたかった


夢なんて大きい程つらいし、

期待なんてできる程の結果がなにもなかった

認められた記憶なんてもう残ってなくて


ただただ、辛かった


過去形にできるほどの強さも残ってない

夢を追いかけるほどの元気がなかった


タグ

毎週月曜日にお話を綴ります

このブロガーの新着記事

オフィシャルブロガーの新着記事

菌活始めましたのごあいさつ

azusa

2020年10月29日

2020ironman70.3セントレアレースレポート

hirame.

2020年10月26日

最近のこと。

みゆき

2020年10月23日

想像力と創造力

yui

2020年10月20日

sweet11月号付録コスメが良い

chip

2020年10月12日

ootd

Mai

2020年10月07日

ootd

Mai

2020年10月06日

すべての新着記事