辛いときは 

自由を自分の未来に描いてみてほしい




自由な自分は何をしているだろうか





笑顔で人と接している?



目覚めがよく美味しいコーヒーを淹れている?



深い呼吸で自然の中を歩いている?




こんなことやら、あんなこと。





乗り越えたときに見える未だ見ぬ自分の姿


自由になるためにはいろんな試練や時間が必要なのだろう


だってパッと瞬間的に自由になったって

困っちゃうよね。




これが自由になる過程なんだって思ったら


意識はもっと自分に集中する。



辛いときこそ自分に意識を傾ける。


そして丁寧に。





追記


この文章を綴った翌々日の今日


大切な人から借りている7つの習慣の中の定義

“主体的である”のなかに

この私の気持ち”自由である”を総括したような完璧な文章が載っていた


文中ではこう書いてある




[パーソナルビジョンの原則]


意識的に努力すれば必ず人生を高められるという事実ほど、人を勇気づけるものが他にあるだろうか。-ヘンリー・デイヴィッド・ソロー



肉体的な自由がなくとも主体的、その自覚に基づいた刺激の受け取り方で

私たちは自由を手にし解放されるというのだ。



私も以前同じような境遇があった

もしくは、そういうシチュエーションがある場合は恐れず自分がこの場を乗り越え自由になったことを想像するのだ

そして絶対に成長できると考えて疑うことはせず、自分で自分を励まし続ける


人や環境に不平不満を持つのでなく

代わりに、心のうちに小さな炎を灯し続けるのである。

🖊🎧~

このブロガーの新着記事

オフィシャルブロガーの新着記事

ootd

Mai

2020年06月03日

ootd

Mai

2020年06月02日

VISITFOR×ne quittezpas

Nozomi mizukawa

2020年06月01日

ootd

Mai

2020年06月01日

zoom打ち合わせ

福田瞳

2020年06月01日

A.P.C.

Mai

2020年05月31日

雨の匂い

福田瞳

2020年05月31日

すべての新着記事