ずっと晴れない

何かを好きになるとき、いつも

これ以上好きになる前にやめよう、と思う

自分が好きになったからと言って同じだけ

好きになってほしいと思っていない

世の中にはたくさん、素敵な女の子がいて

だから私がその一人になるなんてそんなの、

そんなの思えない 私の中にある好きなものや

好きなことに向ける‘好き’っていう気持ちを

自分が誰かに向けられるとは、もうきっとずっと思えない 誰かのことを大切にしたいけれど、誰かに大切にされようとは思えなくて、そんなふうに、誰かの手の中に居る自分がもう全く想像出来ない いつも涙を流す瞬間は誰かが頑張っているときで、本当は自分のことなんてどうでも良いから、自分のために頑張っている最中も全部投げ出しそうになる 溢れそうなとき、無理やり蓋をする 今日ひさしぶりにその蓋を開けてしまった 自分がずっと何を好きで、今まで何を見てきたのか、簡単に忘れられるわけなかった 色んなことを知ってしまって疲れたけれど、それはあの人は全く悪くない




好きに順番をつけるのは、すごく違和感がある

一番とか二番とか、早いとか遅いとか

でも実際全部存在する 優先順位も



自分でも不思議だけれど、どうしようもなく悲しかったりやるせなくても、あの人のほうが先に好きになっていたから、と思うと、それ以上私が思うことなんて何もないと頑張って思うように出来る 自分を嘆いても、あの人のほうが先に好きになっていたんだ、と思うとそれは私が何かを思うのはお門違いだと思う 逆に、自分のほうが先に好きになっているとき これも不思議と私のほうが先に好きになっていたのに、とはあまり思わない 誰のものでもない 向こうも、誰かのものになりたいと思ってそうしているわけではないって思うから 早いほうが偉いとか、遅いのが良くないとか、どちらも思わない でも、知っている、ということだけはどうしても時間で埋められなくて、知らない、ということだけがものさしになる 知っていることが正しいわけではないのに、自分の見てきたものを取られるような感覚とか、知らなかったものを自分のもののようにする態度とか、知っているということだけが正しいみたいに感じる、何でも





決めても決めても揺らいでしまう

何を幸せと思うか、本当は分かっている

いろんな場所が、分かるようになってしまった

いろんな人も、その繋がりも、

あの音も、あの味も、あの風の音も





何かを手放したあと、

それに変わる何かは来てくれるのかなあ

手放せるものなんて、もう全部手放してしまった 今、暮らしているところを手放すと、きっといろんなことが変わってしまう 私は、と考える





好きになったとき、風が吹いた

追い風 海の隣 冷たい速さ




馬鹿にされることは、少し慣れた

だからもうどうでも良くて、

その分もっと動けるようになった





冬のにおいがした、って思ったあのとき

何かが始まっていたら良いのに





まっすぐ歩けば湖に着く

分かりやすくて長い





頑張った先に居たから、

私は何も言えなかった

責めたかった やめたほうが良いって

でも、交わってしまったその果てが頑張った結果だったからだとしたら、私が言えることなど何一つないのだと思った




こんなに好きなものがあるということは、

すごく幸せで、同時に同じだけ悲しい

その悲しみが幸せの一部と自覚していることに絶望する どこまでいっても救われない 救われるたびにさらに救われなくなる それを幸せと思いこんでいるうちは、私はきっと幸せだと思う いつまでも、そう思えたら良いのに

いつか記憶からこぼれおちるとしても

このブロガーの新着記事

オフィシャルブロガーの新着記事

菌活始めましたのごあいさつ

azusa

2020年10月29日

2020ironman70.3セントレアレースレポート

hirame.

2020年10月26日

最近のこと。

みゆき

2020年10月23日

想像力と創造力

yui

2020年10月20日

sweet11月号付録コスメが良い

chip

2020年10月12日

ootd

Mai

2020年10月07日

ootd

Mai

2020年10月06日

すべての新着記事