すごく、好きな本がある



吉本ばななのデッドエンドの思い出


幽霊の家という話しが、とってもすき。

嫌な言い回しが一言もないくらい。


好きで、何回読んでも(多分30回は読んだかなぁ)、いつも初めて読んだ時くらい心の中で思うものがある。


今日も休憩中によんで、なんだか泣きそうになるくらい良かった。(感動の話ではないのにね)良すぎて、涙がでるというのかな?




フィクションなのに、何故か想像もつくし、その時を共存して来たかと思うくらいなんだか身近でハッとする。内容的にはあり得ないんだけどなぁ





今凄く素敵な気持ちなので、取り急ぎ

チャーミングをたしなむ。

このブロガーの新着記事

オフィシャルブロガーの新着記事

New release

本山 さくら

2021年07月28日

うつ病の後に実際復職して思うこと

リード真珠

2021年07月14日

私のメンタルヘルス経験談-寛解状態を維持するため取り組んでいること-

リード真珠

2021年07月07日

私のメンタルヘルス経験談-家族や周りの人との関わり方-

リード真珠

2021年07月04日

私のメンタルヘルス経験談-休み中の過ごし方・治療法-

リード真珠

2021年07月01日

メンタルヘルス経験談-休む直前の症状と休む決断-

リード真珠

2021年06月28日

メンタルヘルス経験談-初めの症状たち-

リード真珠

2021年06月19日

すべての新着記事