あの子が生まれた街へ帰った

私は、帰ると決めることは、行くと決めることより勇気がいると思う

だから、あの子が帰ると決めたことに

心底よく頑張った、と思った

本人にも伝えているし、きっと伝わっていると思うけれど、本当によく決めたなと思う



どんな人が居て、どんな街で、

夜は静かか、朝はなんの音で目が覚めるか、

この駅の名前は何と読むのか、何も、

何も分からないところに飛び込むことだって

とても勇気がいる でも、本当はその勇気は手放すという勇気に見えて、何かを掴むための勇気で、心の中には期待している気持ちがある




でも、帰るとなると話は全く別で

もうどこに何があるか全部知っていて、

ここがどうあるべきかが当たり前か、

夜は静かで、朝は電車の音ではなくて郵便配達の音や鳥の鳴き声で目が覚めたり、読みにくいあの駅にあの人と行った、とか、こうしないといけない、みたいな正解がある でも自分が離れている間に本当に少しずつだけれどその在るべき形が変わっていって、自分にとっての正解が記憶の中だけになってしまったり、もう当たり前ではなくなってしまっていたりする



あまりにも長い間そうやって過ごしてきた自分にとってはなかなか受け入れられなくて、受け入れられない自分のことも本当はどこが好きなのか分からない、と思ってしまう




あのときは、あの道は工事をしていたのにね

あのときは、あの時計は止まっていたのにね

あのときは、あのお店はまだあったのにね

あのときは、駅のホームで会えていたのにね

あのときは、あのときは一緒に居たのにね




そういう、積み上げてきた生活の全部が

自分の知らない間に変わることに心は

思っているよりちゃんと傷ついていて




私が好きだと思っていたここは、

私が積み上げてきた思い出の塊だったの?と

同じ場所に立って思う





よく、帰ろうと決めたと思う

一人で決めることがどれだけ心細いか分かるよ





変わったことがたくさんある、と私も思う

でも、私があの子と朝日を見に歩いたあの

海の端は、変わっていなかった

何もない私の町にあの子が居ると、

それだけで何でもあるように思えた



Weathering with you

このブロガーの新着記事

オフィシャルブロガーの新着記事

ボディケアについて🛁

Mai

2020年02月17日

ootd

Mai

2020年02月17日

MOUSSY ワンピースコーデ🌷

Mai

2020年02月16日

ootd

Mai

2020年02月13日

ootd

Mai

2020年02月12日

ootd

Mai

2020年02月11日

jerrypuff BL

MiMi

2020年02月11日

すべての新着記事