どうしてもうすぐ次いつ会えるか分からなくなるのに、こんなに優しい音がこの部屋には流れているのだろう どっちも選べないなんて言うなら、選ぶという選択を自分に与えないでよ 私が何も言えないことを分かっていて私に困った顔するなんてずるいけどそんな顔されたら一緒に考えてしまうよ その角を曲がったらもうこの全部なかったことにするって言ったんだから振り向いたりしないでほしい どうして、私がここで傷つくのは仕方なくていつか傷つくかもどうかも分からないあの子の今をそんなに必死に守らないといけないと思っているのだろう 同じ場所に居なくても同じことを思っていてどうしようもない もう一度好きになるというのがどれだけ大変で、でも、嫌いになるのはもっと大変なんてきっと知らないんだろうな こんなに誰かの帰りを待ったり、返事を待ったり、気持ちが傾くのを待ったりしていたら心がすり減りすぎて死んでしまう 朝か夜かも分からないようなこの空も、この人を好きになったから見れた 





この一年、すごくいろんなことを思った

いろんな人にいろんなことを思った





あのときの空みたいな青

あの人が綺麗、と言っていた空

星空に携帯を翳していた後ろで、

この空、今だけは全部私のもの、と思った



私は本当はちゃんと、私のそばに居てほしかった 私が許してあげること分かってるなら余計に、ちゃんとそばに居てほしかった

いつか記憶からこぼれおちるとしても

このブロガーの新着記事

オフィシャルブロガーの新着記事

菌活始めましたのごあいさつ

azusa

2020年10月29日

2020ironman70.3セントレアレースレポート

hirame.

2020年10月26日

最近のこと。

みゆき

2020年10月23日

想像力と創造力

yui

2020年10月20日

sweet11月号付録コスメが良い

chip

2020年10月12日

ootd

Mai

2020年10月07日

ootd

Mai

2020年10月06日

すべての新着記事