それから辛い時はずっと側にいてくれた


言葉も話せないのに色んな悪い状況を良い方向に変えてくれた


見返りを求めないまっすぐな愛を無条件に有り余るくらいくれた


そうやってビビがくれたものはわたしへの目に見えない一生分の誕生日プレゼントだったな





服につくからって悩みのタネだったよく抜ける茶色と白の毛もにおいもまだ家にたくさん残ってるよ


餌入れも水入れもおもちゃもおやつもリビングのいつもの位置に置いてあるから本当にいなくなったのかなって不思議に思う



家のチャイムが鳴った時真っ先に吠えまくっていつもうるさいって怒られてたね

あんなに普段臆病なのに番犬のつもりだったのかな?笑



靴下とかマスクをどっからともなくくわえてきて遊ぼってアピールしてきたり、人が食べ終わった後のアイスとかヨーグルトの蓋についたおこぼれが大好きだったり、雷が怖くてパニックになったり、元気だったときは散歩もいっぱい行ったしボールでも遊んだね



テレビに犬が映ると吠えたり、寝る時いつも白目だったり、目やにを服にこすりつけてきたり、キッチンの方に行くとなにかもらえる!って期待して後追いかけてきたり、氷がだいすきで夏は小さい氷あげるとがりがりかじってたり




色んな思い出があったはずなのにここ数年は身体の調子が悪くて寝てるビビを見ることが多かったからこうやって改めて思い出す記憶の中のビビが元気でいてくれて嬉しい




最期の時はずっと側にいれた

寝ることも忘れてずっと看病して何時間も何十時間も身体を撫でて目を合わせてたくさん声をかけた



苦しむ姿を見るのが辛くて、これからビビを想う時可愛かった姿より先にこの場面が真っ先に出てきたらどうしようってこわくてほんとは目を背けたかった



それでも苦しくて意識も朦朧としてる中、顔近づけたら一回だけペロペロっていつもみたいに鼻舐めてくれて、おでことおでこくっつけて話しかけたらそれまで目も合わなかったのに必死に全身を使って応えようとしてくれた


たぶん泣いちゃダメって

安心させたかったんだよね



長い時間いっぱい苦しんでいっぱい頑張ってくれて、その間に枯れるくらい涙流して色んなこと伝えれたからほんとの別れの瞬間涙流さないで笑顔で見送れたんだよ


寝てるみたいないつも通りのかわいい顔で旅立ったから安心した


がんばってくれてありがとう


もういっぱいがんばってたのにがんばれって何回も言ってごめんね




物理的な最後のお別れの時

いまってわかりやすく白い煙とか出ないらしい


でも煙突の先のあたりを待合室から見てたらまっさらな空の青と遠くの方の山の綺麗な碧が混ざった熱気が陽炎になってゆらゆら揺れてて白い煙よりこっちの方がいいなって思った

このブロガーの新着記事

オフィシャルブロガーの新着記事

2020ironman70.3セントレアレースレポート

hirame.

2020年10月26日

最近のこと。

みゆき

2020年10月23日

想像力と創造力

yui

2020年10月20日

houndstooth HAT

MiMi

2020年10月16日

pearlbuckleBELT

MiMi

2020年10月16日

front ruffle OP

MiMi

2020年10月16日

おおさか。痛ネイル 🦁🦁🦁

渡邊りつ🦉

2020年10月16日

すべての新着記事