映画好きのなかで名作と言われてる作品だったので

ずっと見ようと思ってたもの

いざ見ると うーん 後味が悪い、、

なんとなく空白を感じさせる場面が多くて

個人的に少し白けてしまったかも

あとは当時はすごく暴力的な映画として評価されたみたいだけど

今はもっと過激なのもあるしなあ

中途半端に感じてしまったのが本音



印象に残った点をいくつか

・アレックスのお家のインテリアと家族(主にママ)のファッション


お家とファッションが別世界のように派手だった

アレックスのベットシーツとか、なんかイボイボしてたし

引き出しで蛇飼ってたし

ママは大体ミニスカですごいヘアカラー

だけど中身は至って普通

パパも派手なスーツ着てるけどなんか普通


・仲間の存在

中盤仲間割れするんだけど、3人のうち2人はなんとなく認識されるも

残り1人がもはや、あまり映らない

顔が思い出せない


・刑務所での刑務官とのやりとり

殺人の罪で刑務所に入るアレックス

入所する際の手荷物検査から身体検査までの流れが変に丁寧

ここは何を描くための描写なのかわからない



ストーリーについて気になったのは

昔襲った作家と再会したシーンで

自分を襲ったやつだ!と認識した時の作家の怒りは、

ブルブル震えて相当なものだったけど、その後の復讐の方法がやや弱いかな

苦痛を感じる音楽を大音量で聴かせる、っていう

その方法で復讐するのが作品の中では重要なのかもしれないし

これがものすごい苦痛なのかもしれないけど

わたしの想像力が足りないのか、ちょっと無理ある気がした

作家を含む3人がニヤニヤしながら天井を見上げるシーンが、、

あまり悪い奴らには見えないと言うか、、

滑稽というか


あとはアレックスをルドヴィゴ療法で治療するも、苦痛を与えるだけで終わってしまったことについて、

内務大臣のフレデリックがめちゃくちゃ謝罪するシーンも腑に落ちなかった


犯罪者に罰を与えるだけでは十分に反省させることができず意味がない、生産性もない

だったら更生させて収容人数も減らそうって言うところまではわかるし

そこに協力したアレックスが自殺未遂をしたことで世間から叩かれる、

だからフォローしなくてはってところもわかるんだけど、


あまりにフレンドリーだからかなあ

そもそもなんでご飯あーんしてあげるんだろう?っていう単純な疑問 笑



唯一リアルだったのはルドヴィゴ療法のシーン

タグ

かわいい と すき の
これくしょん

○ 。*〜♥︎。o O . ♦︎ ☆ 〜♡
かふぇ/えいが/りょこう/いんてりあ.etc
♡〜☆ ♦︎ .○ 。*〜♥︎。o O

#cafe#movie#trip#interior

このブロガーの新着記事

オフィシャルブロガーの新着記事

GUCCI

Mai

2019年12月09日

ootd

Mai

2019年12月09日

ootd

Mai

2019年12月08日

AMAIL

Mai

2019年12月07日

ootd

Mai

2019年12月07日

ootd

Mai

2019年12月06日

ootd

Mai

2019年12月05日

すべての新着記事