ふと電車の窓に映る自分を見て、似合わないなぁ。と思う。東京に住んで四年になるのにも関わらず。

東京が嫌いなわけでは決してない。こちらにも大好きな人たちがたくさんできたし、好きな場所もある。

祖父と歌を歌っていたあの秋の午後を思い出す。ハーモニカの達人である祖父に合わせて故郷を歌っていたが、どうにも3番が思い出せない。すると祖父が歌詞カードを取り出して歌ってくれた。

「志を果たして いつの日にか帰らん 山は青き故郷 水は清き故郷」

あの時、あの場にいた私たちが歌いながら、聴きながら、ハッとしたことがはっきりと分かった。

どれくらい住んでいるかはきっと関係ない。私から見たら、私はいつでも東京に似合わない女だ。そして、その気持ちを失いたくないと改めて思った。失わなくていいと思った。

このブロガーの新着記事

オフィシャルブロガーの新着記事

菌活始めましたのごあいさつ

azusa

2020年10月29日

2020ironman70.3セントレアレースレポート

hirame.

2020年10月26日

最近のこと。

みゆき

2020年10月23日

想像力と創造力

yui

2020年10月20日

sweet11月号付録コスメが良い

chip

2020年10月12日

ootd

Mai

2020年10月07日

ootd

Mai

2020年10月06日

すべての新着記事