昔は可愛くないと思っていたものを可愛いと思ってしまうようになってしまったり、もしかしたら選ばなかったようなものを選ぶようになってしまったり、私変わったなあと自分で思う





一番近づくところまで近づけたら、あとは一緒になるかどんどん遠くなるかどちらかなのなんてもうとっくの昔に知ってしまっていたのに久々に痛感すると耐えられなかったし辛かった それに私は一緒になりたかったわけではなくて、そんなことよりも一緒に同じことを考えたかった 応援したかった あんなことがあるなんて思いもしなかった、と言いたいけれど少し予感があって、だから余計に嫌だった







こんなことだらけできりがない

どうしてこんなことだらけなのに

私は嬉しくて泣いたり涙を流したりしてしまうのだろう もっと悲しいときに泣けば良いのに






痛い思いをするより、優しさのほうが刺さるようになるなんて普段どれだけ痛みに慣れているのか優しさに触れていないのかどっちか分からないしどっちもかもしれないけれど、綺麗になったからと言ってもとに戻れるというわけではない








今日も何も考えず眠っていると思うと羨ましい




昨日大きな満月だった

みんな同じものが見えるなんて嘘みたい

私は、嘘も本当のように言ってくれるのならそれでも良い しっかり騙してほしい 私に一切の不安を与えずに騙してほしい

いつか記憶からこぼれおちるとしても

このブロガーの新着記事

オフィシャルブロガーの新着記事

chiffon winding BL

MiMi

2020年09月25日

High zip SK

MiMi

2020年09月25日

mel double JK

MiMi

2020年09月25日

ootd

Mai

2020年09月24日

屋形船へ行こう2020

福田瞳

2020年09月24日

A.P.C.

Mai

2020年09月23日

ootd

Mai

2020年09月22日

すべての新着記事