毎朝同じ車両に乗っていた同じ制服を着た君


君はいつも本を読んでいた


学科が違うから学校では会うことは1度もなくて


名前も知らないただ同じ制服を着た同じ学校の君


いつからかそんな君の存在が気になっていた


いつから君とお話するようになったんだっけ


あの日一緒に帰ったこと覚えてるかな


あの日一緒に学校をサボった日のこと覚えてる?


寒かったあの日暖かいコーヒーを渡してくれて、


公園のベンチでお喋りしたね


高2の冬学校を辞めて東京に行ってしまった君は


学校を辞める前日に私に話があると言って


夢を叶えるために東京に行くことを伝えてくれたね


悲しくて、仕方なかった、


でもね、それと同時に私にだけ伝えてくれたことが嬉しかった。


あの日君は学校に行くつもりなかったのに


嘘をついてついてきてくれたね、気づいてたよ。


ありがとう。


大学生になって上京して久しぶりに会った君は


あのころと変わらず優しくて。


あのころと同じようにふわっとした笑顔で


その時にやっと気づいたんだ、


君のことが好きだったことに。


タグ

このブロガーの新着記事

オフィシャルブロガーの新着記事

ootd

Mai

2020年06月01日

zoom打ち合わせ

福田瞳

2020年06月01日

A.P.C.

Mai

2020年05月31日

雨の匂い

福田瞳

2020年05月31日

ootd

Mai

2020年05月30日

1番行きたい場所

AYA YOSHIOKA

2020年05月29日

ootd

Mai

2020年05月29日

すべての新着記事